ブログ

皮膚科受診の心得

爪が分厚くなる症状

 

『爪甲こうわん症』

 

 

一見爪水虫?のようにも見えますし

 

爪=皮膚=皮膚科となるので

 

まずは皮膚科に行かれる方が多いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水虫検査もなしでお薬を飲む方もいれば

 

爪も切らずにただ塗り薬の方もいらっしゃいます。

 

 

皮膚科の先生にもよりますが

 

爪がどうなろうが

 

生死に直接関わらないので

 

そのような対応になるのでしょう。

 

 

 

「爪のことは知らない。わからない」

 

 

と言ってもらえば納得しますが

 

 

「これはもう治らない」

 

そう言われると人間諦めモードになります。

 

 

わたしなら

 

「治るか治らないかは私が決めるので

 

方法だけ教えてもらえませんか?」

 

 

と、やんわり言います(^’^)

 

 

 

病気もそうですが

 

治すのはご自身だということを

 

常に心に留めておいたほうがいいかもしれません(^’^)

 

 

 

セルフケアの必要性

フットケア仲間からのご相談。

 

「ここに痛みがあるそうですが・・・」

 

 

 

 

 

彼女も整体の先生より相談されたとのことで

 

レントゲンを撮りにいくとのこと。

 

 

「歩けるが押すと痛い。」

 

 

私もこの甲の痛みは始めてでしたので

 

師匠に相談。

 

 

 

この痛い場所は

 

そもそも腱鞘(けんしょう)がないところ。

 

なぜならば元来裸足が自然なので、

 

今回の痛いところは摩擦を受ける場所ではないと。

 

 

なるほどです。

 

 

人間の体って、いろいろ考えて作られているんですね~

 

 

 

じゃ何の摩擦??

 

 

靴のベロでしょうか?

 

摩擦があるということは

 

動いているということなので

 

やっぱり靴の履き方ですね。

 

(靴の素材にもよりますが)

 

 

本当に大切!!

 

 

こうしてセルフケアを

 

一つでも覚えていくと

 

予防に繋がります。

 

 

まさに

 

「予防に勝る治療はなし!」

 

 

 

爪甲後湾症・分厚い爪経過

 

ここまで来たタイミングでBSスパンゲです。

 

 

根元の爪がもう一段階出てきたので

 

負荷を逃がすためです。

 

 

 

 

付けた時点から

 

爪が引っ張り上げられた感じがします♪

 

 

これで爪の成長のスピードが変わりますね。

 

楽しみです(^^♪

 

 

かれこれ2年目に突入。

 

 

時間がかかっていますが

 

確実に成長しています。

 

もう最初の頃がどんな爪だったか・・・

 

 

 

 

 

こんなでした(^’^)

 

決して諦めないで下さいね。

健やかになる

 

お知り合いの先生のところで

 

久しぶりに

 

筋膜リリースを受けてきました♩

 

 

 

2,3年前に受けた時の初回を違い

 

今回全く痛みなし。

 

 

「やりがいがない」

 

とも言われましたが、一つ嬉しかったこと。

 

 

 

 

先生は筋肉のプロですので

 

触れば奥深くの筋肉までわかるようでして

 

大殿筋をめっちゃ褒めていただきました♪

 

 

 

やっぱりスクワット!!

 

つべこべ言わすスクワット!!

 

 

 

ホントこれだけは

 

みーーんなしたほうがいいと私は思っております。

 

 

4月にスクワットが

 

負荷なしで10回もできなかった方が

 

なんと半年後の今では

 

40キロを担いで10回以上できてしまってます。

 

 

お食事指導もしておりますが

 

当然プロポーションにも変化が。

 

一番気付いているのがご本人です。

 

 

「一週間に一回のトレーニングでいいなんて

 

ウソ言ってる」

 

と思っていたそうですね(^’^)

 

 

本気で体を改善したい方は

 

是非ご相談下さいませ☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

分厚い・伸びない爪の育て方其の②

伸びない爪を削って

 

アクリルで疑似爪を作り

 

生えてくる爪の道を促す。

 

 

 

 

 

先日も

 

「他店でアクリルを付けた」

 

というお客様がご相談に来られました。

 

 

こちらでの施術方法やお値段等々をお話して

 

ご納得いただけてからスタートしてます。

 

 

 

 

 

全部は摂りきれてないですが

 

アクリル取りました。

 

 

せっかく付けてきたのに

 

ゴメンナサイね・・・って感じです。

 

 

爪にしても

 

「もう!付けたり、取ったり・・どっちにするの!?」

 

って感じでしょうか(^-^;

 

 

ここにNFPオイルの投入を始めると

 

めちゃめちゃ変化でてきます。

 

 

一ヶ月後楽しみですね~~(^^♪

 

 

分厚い・伸びない爪の育て方

爪が分厚くなって

 

貝殻のようになって

 

伸びない。

 

 

 

 

このような感じの爪ですが

 

『爪の厚みを削って取る』

 

というところまでは

 

おそらく何処のサロンでもする施術です。

 

 

 

長さをどこまで切るのか?

 

とか

 

その後爪にどういったアプローチをするのか?

 

は各々サロンによって異なるでしょう。

 

 

 

 

このように

 

「削った爪の上からアクリル(疑似爪)を乗せて

 

爪を作って伸ばす」

 

という方法をしているサロンもあります。

 

 

よく見る修復方法ですが

 

残念ながら当サロンでは

 

この方法は使っておりません。

 

 

何故か?

 

わたしはこの方法で

 

修復することができなかったからです(^’^)

巻き爪補正とせフルケア

巻き爪補正は

 

3~4週間に一回

 

補正器具を付け替えます。

 

 

補正のテンション力が弱ることと

 

爪とプレートの隙間ができて

 

不衛生になるからですね。

 

 

 

 

ちょっとお日にちが空いてしまいました(^’^)

 

 

補正で動き出した爪は

 

逆をいうと、巻きやすくもなるということです。

 

 

同じスパンで爪を引き上げていくと

 

よく上がります。

 

 

その間にはオイルケア、とても重要になってきます。

 

爪にしなりがないと

 

爪が引きあがりません。

 

 

 

 

次回までに

 

爪に動きを出していきましょう☆

分厚く痛い爪の補正

爪の修復に

 

BSスパンゲを使用すると

 

爪の成長が加速します。

 

 

これは、上にのしかかっている

 

古い爪を浮かびあがらせ

 

新しい爪にかかる負荷を

 

やわらげているからだと思います。

 

 

 

この爪に

 

 

 

 

こんな感じで付けるんですね。

 

 

 

あれから2ヶ月の今日。

 

 

 

 

スパンゲは付け替えなしで

 

そのまま爪を引き上げながら

 

前へ前へと・・・

 

 

根元の爪の元気さは

 

見てのとおり(^^♪

 

 

いや~BSも学んでおいてよかったです(^’^)

 

人生、

 

無駄なことなど一つもないですね☆

続・足の水虫

足の水虫のお話。

 

誰かから、何処からか、いつの間にかいただく菌ちゃん(^’^)

 

その増殖によっていわゆる「足の水虫」

 

になっていく。

 

(足の裏の皮ムケは要注意!)

 

 

でも菌ちゃんを一度もらったら

 

必ず「水虫」になるかといえば

 

そうではないです。

 

 

条件が揃ってこそ

 

菌ちゃんが増えていきます。

 

増えていってこそりっばな水虫!

 

なんでしょうかね?

 

 

 

まずは流水で洗うこと。

 

取りあえずこれが一番。

 

洗ってない方は論外です(^’^)

 

 

で、よく聞かれる

 

「石鹸って使った方がいいですか?」

 

ですが、石鹸の流し残しがなければ

 

良いと思います。

 

 

あとは石鹸の種類。

 

これもわたしは大切だと思います。

 

 

これは皮膚のバリアのお話になりますので

 

また次回に。

 

 

 

 

 

 

 

 

爪水虫は皮膚から・・・

先日の『爪水虫』の勉強会で

 

それを引き起こす白癬菌(はくせんきん)

 

これが皮膚常在菌ではなかったことを

 

知りました。

 

 

今まで「常在菌」と聞いていたので

 

疑いもしませんでしたが

 

白癬菌は『非常在菌』

 

 

ということは、必ず?何処からか

 

そして、有り難いことに

 

どなたかから頂いてきている

 

ということになります(^-^;

 

 

 

白癬菌も24時間で洗い流してしまえば

 

そんなに恐ろしい(^-^;菌でもないのですが

 

足の裏や靴の中は

 

繁殖するのにはとても心地の良い住処となります。

 

 

これ、増え始めると非常に厄介です・・・

 

何故なら、爪水虫は

 

この皮膚からの白癬菌がことの始まりだから。

 

 

足の裏、指の間チェックしてみましょう。

 

足裏の皮ムケないですか??

 

 

「冬になると治る」

 

と思っていらっしゃる方は

 

だた冬眠中なだけで、居候しておりますよ~(^’^)

 

 

 

▲TOPへ