LINE簡単お問合わせ・ご相談

LINE簡単お問合わせ・ご相談

足・爪のこと

増える若年齢層の爪のトラブル

若い女性にも多い

 

爪のトラブル。

 

 

 

一昔前

 

私が介護の仕事をしていた頃は

 

爪のトラブルといえば

 

高齢者がほとんどでした。

 

 

 

これがひっくり返ろうとしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

病院で相談するか・・

 

 

市販のお薬もどきを使ってみるか・・

 

 

ネットでそれらしいのを探してみるか・・

 

 

ネイルで見えないようにするか・・・

 

 

 

 

そこだけ見ててもだめなんですね。

 

 

 

「木を見て森を見ず」

 

 

 

ファイブコンフォートの社長が

 

 

ずっと前から言っていることです。

 

 

同感です。

 

 

 

 

 

 

 

まだまだ修復の途中ですが

 

足全体を見るからこそ

 

ここまで回復できるのだと思っいます。

 

 

 

そして重要なのは

 

それを御本人が実践してること。

 

 

 

変わるか変わらないか??

 

は、ここの違いですね(^^)

爪甲鉤彎症は放置しない。

爪が何となく変形し始めてから

 

10年程経過していたようです。

 

 

 

 

 

 

この状態では

 

爪が伸びていかないどころか

 

だんだんと痛みを感じるようになります。

 

 

 

それがここの部分。

 

 

 

 

 

 

ここに出れない爪(角質)が

 

いっぱい溜まってるんです。

 

 

 

ここに何らかの形で炎症が起こると

 

 

それはそれは厄介なことになります。

 

 

 

ですので「早目に!!」

 

とお伝えしています。

 

 

 

 

 

一回のケアで

 

かなりスッキリします。

 

 

右側は根元の膨らみも

 

一回でなくなりました。

 

 

 

あとは角質を柔らかくして

 

どんどん出していくだけです。

 

 

 

足屋さんのケアは

 

とてもシンプルですよ~♪

 

 

爪もここまで改善する。

爪のお悩みは

 

 

高齢の方だけではありません。

 

 

 

 

 

 

2番目の爪を見ると

 

爪水虫??

 

とも思われる爪です。

 

 

 

これは皮膚科で検査が必要ですが

 

 

そこをはっきりさせてから

 

 

爪の修復を始めます。

 

 

 

 

 

 

まだ修復の途中ですが

 

 

私もここまで改善するとは

 

 

正直思っていたかったです。

 

 

 

 

オイルと御本人の力ですね♪

 

 

 

素晴らしいです!!

 

分厚い爪、一ヶ月後の変化。

皆さん同じです。

 

 

 

色んな医療機関を廻り

 

 

治療?を受けたり

 

 

お薬?を塗ったり、飲んだりしている間に

 

 

年数が経ってしまって・・・

 

 

 

 

 

改善するどころか

 

悪くなる一方・・・

 

 

 

 

病院がだめなら

 

一体どこへ行けばいいのか・・・

 

 

 

こちらを訪れる方は

 

皆さん同じお話をされます。

 

 

 

 

 

 

 

 

先月初めてのご来店で

 

 

一ヶ月目の昨日。

 

 

 

この変化がわかる方は

 

ご自身の爪も

 

改善できるでしょう♪

 

 

 

是非一度

 

ご相談くださいませ☆

 

 

 

 

 

 

 

爪甲鉤彎症・分厚い爪のケア

昨日ご来店のご新規お客様。

 

 

 

 

登山で爪が内出血になってから

 

なかなか伸びないというご相談。

 

 

 

そんなこんなしてるうちに

 

爪が厚くなり

 

痛みも伴うようになってきたとのこと。

 

 

 

15年経過しているそうです。

 

 

 

 

 

 

 

長年溜まっていた爪(角質)を

 

取り除きました。

 

 

 

これだけで

足が軽くなります。

 

 

 

爪の修復は

 

ここからがスタートです☆

 

 

 

できれば

 

内出血の時点で

ご相談いただくのがベストです。

 

 

 

が・・

 

15年前は

 

私もここでやってませんね(^^)

爪が曲がる??

爪が分厚くなって

 

横に曲がり始めることがあります。

 

 

 

 

 

これを放っておくと

 

どんどんどんどん

 

曲がってきます。

 

 

 

左右から出てくる爪のスピードが

 

違うからです。

 

 

 

右側の、曲がっている方の

 

爪の出るスピードは遅く

 

その出れない爪(角質)が

 

どこに溜まっているか?

 

というと・・・

 

 

 

 

 

ここですね。

 

 

爪の修復には

 

ここのお掃除が最も重要だと

 

私は思ってます。

 

 

いつもお話しますが

 

早目のカウンセリングは

 

超オススメですよー😊

爪甲鉤彎症ケア 本日ご卒業♪

爪のケアを続けて

 

約一年。

 

 

本日ご卒業されました♪

 

 

 

 

 

 

爪が奇麗になったのも大変嬉しいのですが

 

それと同時に

 

この一年間で

 

お客様がセルフケアを習得したこと。

 

 

これはとても大きなことです。

 

 

 

爪に何かあっても

 

ご自身で解決できる。

 

これこそが予防ケアをです。

 

 

 

 

 

 

もし何か爪にあっても

 

ここまでになる前に

 

きっと爪の異変に

 

気付けるでしょう(^^)

 

 

 

一年間

 

お疲れさまでした☆

魚の目?でょうか・・・

足の裏に

 

何やらできたそうです。

 

 

 

 

 

 

時々痛なるようです。

 

 

ついつい

 

お風呂上がりに

 

柔らかくなった皮膚を

 

カリカリしたくなりますね。

 

 

 

 

絶対に触ってはいけません。

 

市販のお薬や

 

ウオノメコロリなど

 

もっての外。

 

 

 

(あ?!・・・

 

やってしまった・・・)

 

 

 

と心の中で叫んた方。

 

 

 

 

『要カウンセリング』

 

 

ですよーー(^^)

 

 

爪甲鉤彎症のケアはどれだけ通うのか?

一年前に

 

爪甲鉤彎症の初回ケアをしました。

 

 

一回のケアで、見た目も随分変わりますので

 

「これで生えてくる!!」

 

と感じてもらえるのは

 

とても嬉しいことです。

 

 

 

ただその後のケアが重要でして・・

 

 

 

 

 

一回目のケアをしてから

 

何もせずに1年経過した爪です。

 

 

 

こちらのお客様は

 

決して放置していたわけではなく

 

他県のお客様ですので

 

色んなご事情で・・・

 

 

 

他県のお客様も多くいらっしゃいます。

 

ですので

 

爪に応じてですが

 

最初は一ヶ月に一回のケアが必要になりますが

 

なるべく間隔を開けれるような

 

方法を取っています。

 

 

 

 

 

 

本日はここまで。

 

 

 

やっぱり

 

一回でここまで綺麗になると

 

「これで生えてくる!」

 

と、勘違いしてしまいますね。

 

 

 

いつも言いますが

 

勘違いです(^^)

 

 

足爪の世界

本日の爪のお客様。

 

 

 

 

 

こちらのお客様も

 

皮膚科で受診されてます。

 

 

「どうしようもない・・・」

 

と言われたそうですね。

 

 

 

私がいつも思うのは

 

病院が良いか悪いとかではなく

 

その方が困っているのだから

 

皆して強力してやろうよ!

 

ってことですね。

 

 

 

歩くのには

 

足の爪って

 

大事なんですね。

 

 

 

私も

 

もう少し頑張りますねー

 

 

(今夜は、秋あがりをいただきながら

書いております(^^))

 

 

▲TOPへ