LINE簡単お問合わせ・ご相談

LINE簡単お問合わせ・ご相談

足・爪のこと

爪甲後湾症(そうこうこうわんしょう)のケア

「爪に穴があいているんですが・・・」

 

 

 

 

恐らく右下の根元のことですね。

 

古い爪が覆いかぶさって

 

新しい爪が生えてくるのを

 

阻害しています。

 

 

 

 

上の厚みを削って

 

新しく生えてくる爪のストレスを

 

無くします。

 

 

 

根元に蓄積された古い爪=角質を

 

一ヶ月に一回のペースで

 

お掃除していきます。

 

 

 

ここから爪の修復が始まります☆

爪が皮膚に刺さる??

「病院へ行っているが改善しない」

 

という電話でのご相談でした。

 

 

何かしらの原因で

 

皮膚が傷んでいることがわかります。

 

 

 

先端の爪に圧迫され

 

血流が悪くなっています。

 

皮膚もめくれて・・・

 

 

過去に何度か膿も出たが

 

お薬をもらうだけで変化がないどころか

 

痛みがでてきたとのこと。

 

 

 

 

ほとんどの爪が皮膚から離れていますので

 

それが問題です。

 

ですのでお薬ではなく

 

爪を切るしか、痛みを取る方法はないと思います。

 

 

 

 

爪の修復に入る前に

 

まずは皮膚を正常な状態に整えてから・・・

 

 

ということで

 

ここはオイルではなく

 

抗体ソープで整菌してジェルです。

 

 

一週間後に写メを送っていただくよう

 

お願いしました。

 

 

その画像を見てオイルを併用していく予定です。

 

変形爪はどのようにして改善していくのか?

LINEからのご相談でした。

 

 

 

 

皮膚科に行ったが

 

原因がわからない・・・

 

と言われたとのこと。

 

 

 

こうした分厚い爪は

 

ほとんどが靴です。

 

 

 

手の爪がこのようになることは少ない?

 

ほとんどありません(^’^)

 

 

爪はとてもデリケートです。

 

そしてそのストレスは

 

直ぐには表にでてきません。

 

 

長い年月を経て

 

爪は変形を始めます。

 

 

 

理由はどうであれ

 

爪の修復ですることは同じです。

 

 

古い爪を取り除き

 

新しい爪が出てこれるよう

 

彼ら(爪)がその記憶を取り戻すまで

 

待つしかないのだと

 

最近思います。

 

 

彼らは自分たちが

 

どんな形で出てきていたのか

 

忘れてしまっています。

 

 

それにじっくり付き合いましょう。

 

ご自身の体の一部ですから・・・

 

ね(^_-)-☆

トラブルの多い仕事の靴。

 

足のトラブルの多い職業の一つに

 

『飲食業』があります。

 

 

厨房などは水仕事だったりするので

 

シューズは防水。

 

夏は蒸れるし、冬は冷える。

 

ナイロン製で紐も当然なし。

 

 

 

 

 

指定の厨房靴だそうです。

 

ニューバランスの中敷きに

 

ピッグスキン(ぶた皮)を貼ることによって

 

汗の吸収、保温効果、滑り止めになります。

 

 

 

 

そしてここのゴムを切って

 

 

 

 

穴を開けて、紐を通す。

 

 

たったこれだけで

 

とっても履きやすく、足も楽になります。

 

 

お仕事の時間って長いです。

 

 

ここを改善していかないと

 

足のトラブルも改善していきません。

 

 

 

「すごく楽!履きやすくなった」

 

とおっしゃっていました。

 

 

これで一日の疲れも変わりますね☆

 

 

 

 

 

男性に多い陥入爪(かんにゅうそう)

 

「ゴルフシューズに当たって

 

気になるから切っていた」

 

 

 

 

こちらに来られる2週間前に

 

爪をカットされたそうです。

 

 

ということは

 

今よりも、もっと短かったことがわかります。

 

 

 

 

 

ここですね。

 

皮膚がぷっくりしています。

 

 

このままでは、後二週間後に痛み。

 

そして何らかのタイミングで肉芽・・・

 

陥入爪の恐ろしいところです。

 

 

ご自身では気が付かないうちに

 

どんどん悪い方へ悪い方へと・・・

 

 

恐ろしいです(^’^)

 

 

「そんな大げさな・・・」

 

と思われるかもしれませんね(^’^)

 

 

こうした陥入爪の行く末は

 

『肉芽の部屋』でご覧ください(^_-)-☆

 

 

 

 

 

爪の角は写真よりも

 

もっともっと深いところ・・・

 

ここに補正器具を付けて皮膚を押し下げ

 

爪を誘導していきます。

 

 

 

 

あとはオイルケアでOK☆

 

 

伸びるのを待ちましょう♪

巻き爪手術は必要か?

巻き爪の痛みで

 

緊急連絡です。

 

 

 

 

 

 

ポチッと白く膨れ上がり

 

一番痛い時です。

 

 

左側の足の親指は

 

何度も何度もこれを繰り返し

 

最終的には手術に至ったそうです。

 

 

 

巻き爪の手術は

 

過去では当たり前に行われていたこと。

 

 

今は違います。

 

 

選択肢も沢山あります。

 

そして自由に検索・調べられる!

 

 

巻き爪も陥入爪も

 

手術をせずに改善例はいくらでもあります。

 

 

膝や腰も同じです。

 

手術は最終手段です。

 

(と、私は教わりました。)

 

 

 

 

 

お帰りの時には

 

もう痛みはありません。

 

 

当然、靴も履いて帰れます。

 

 

 

手術の方がリスクは大きいです。

 

その間に運動や歩くこともできないかも?

 

生活の質も変わってしまうかも??

 

です(^’^)

 

 

まずはご相談を☆

 

 

死んだ爪は治るのか?

「爪が死んでいる」

 

とよく聞きますが

 

爪はそもそも死んでいます(^’^)

 

 

剥離したり、分厚くなったり

 

「正常ではない」

 

という意味で

 

爪が死んでしまった・・・

 

と表現されるのだと思います。

 

 

 

 

 

こちらのお客様も

 

いろいろなワードで検索されて

 

こちらに辿り着いたそうです。

 

 

ネイリストさんとのことで

 

ご自身でも試行錯誤されたとのこと。

 

 

 

 

まず爪の剥離が減ってくるのを待ちます。

 

 

これもNFPオイルケアで。

 

 

来月が楽しみです☆

巻き爪からの骨折??

「痛くてブーツが履けない・・・

 

永ちゃんのライブまでになんとかしたい!」

 

 

と痛みを我慢してのご来店でした。

 

 

 

 

 

 

ご本人の希望で

 

思いっきり上げました(^’^)

 

 

巻いている方向と反対の方へ引き上げますので

 

その時に一瞬痛いのです。

 

 

引き上げる時には

 

痛みの程度を確認しながらするのですが

 

 

「先日の股関節の骨折に比べたら

 

何でもない」

 

とのことでした(^’^)

 

 

 

その股関節の骨折は

 

踏み台から落ちたそうなのですが

 

もしかしたら

 

この巻き爪の痛みをかばって

 

着地できなかったかもしれません。

 

 

痛みが強くなる前に

 

ご相談下さいませ☆

足以外の皮膚トラブルにも・・・

抗体ソープ使用から

 

二ヶ月が経ちました。

 

 

 

 

当然ですが

 

CSソックス併用です(^’^)

 

 

 

洗うだけで保湿もしておりません。

 

悪玉菌をキャッチして

 

ソープが保湿も行ってくれます。

 

 

優れものです!!

 

 

 

 

 

こちらのお客様。

 

何年とこの足の状態で

 

恥ずかしくてサンダル履きができなかったと。

 

 

来年の夏は

 

思い切ってサンダル履きができる!!

 

 

皮膚を再生に向かわせる抗体ソープ。

 

足以外でも皮膚トラブルのある方

 

是非一度ご相談下さい☆

爪甲後湾症・爪の修復経過

一ヶ月に一回のお手入れが必要な

 

爪の修復。

 

 

自宅ではひたすらオイルを塗るのみ。

 

 

 

一ヶ月経過して

 

新しい爪が下から見えてきました。

 

早いですね。

 

 

オイルを塗る回数や

 

年齢も関係してますので

 

個人個人伸びるスピードが違います。

 

 

一つ言えることは

 

少なからず前進しているということ。

 

 

良くなっていると信じる事。

 

 

これが大きいです(^’^)

 

 

 

 

▲TOPへ