LINE簡単お問合わせ・ご相談

LINE簡単お問合わせ・ご相談

足・爪のこと

痛い巻き爪は?

「来週から長野に一泊で行くの。

 

だけど、巻き爪が痛くって・・」

 

というお電話でした。

 

 

 

 

 

今までは、痛くなると切っていたとのこと。

 

 

腫れたこともあるし

 

膿も出たこともある。

 

何となくやり過ごしてきたそうです。

 

 

 

 

 

潜っていた爪を引き上げて

 

皮膚の上に出しました。

 

 

 

 

この状態でしっかり歩いていただくと

 

爪も引き上がってきます。

 

(爪がしなれば・・ですが)

 

 

 

 

それには靴のサイズと靴紐、そして履き方。

 

 

毎回同じことを言っていますが

 

 

知らない方は是非カウンセリングへ。

 

 

 

 

もしかすると

 

少しずつ足屋さん業務が

 

縮小していくかも?かも?ですので

 

皆さん、早目にセルフケを

 

習得しましょう!!

 

 

 

予防ケアとは?

2~3年前、足のご相談でした。

 

 

 

 

「魚の目が痛くて歩けない」

 

とのことでしたので

 

表面だけ削りはしたものの

 

魚の目ではないものもある。

 

というお話もして

 

皮膚科で焼いてもらうよう

 

ご紹介しました。

 

 

 

 

 

 

 

そしてお久しぶりに先日ご連絡あり。

 

「足が痛くて歩けない」

 

と。

 

 

2年前の足の裏は

 

こんなに綺麗に。

 

 

 

 

 

 

 

そして今回は、前回全く角質が無かった左足。

 

 

 

 

 

何故こんなことになるのでしょう??

 

 

 

これが分かる方は

 

セルフケアで予防のできる方ですね☆

秘密の私作中敷き

インソールといっても

 

量販店で売っているものから

 

何十万もするものまで

 

色々あります。

 

 

 

当店で扱っているCSシューズのインソールは

 

また別物ですが

 

普段の靴に入れていただくのには

 

これが一番!!

 

 

 

 

 

 

足の裏が痛いというお客様に

 

急遽作っております。

 

 

まずこの青いポロンという素材のもの。

 

これが最高!

 

通気性も抜群!

 

 

 

そしてその上に

 

栃木のブーちゃんの裏革を貼ります。

 

これまた最高^_^

 

 

 

 

これは履いた方にしかわからない感触です。

 

 

 

ぜひご自身の五感をお試し下さい♪

巻き爪手術する?しない?

巻き爪の手術をされている方

 

時々いらっしゃいます。

 

 

 

手術が良いか?悪いか?と聞かれると

 

巻き爪に限らず

 

手術は最終手段かなぁ~

 

と、私は思います。

 

 

 

「他に術がなかった。」

 

のであれば

 

その選択をするでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

こちらのお客様も

 

昔、巻き爪で手術をされたそうです。

 

 

 

「巻き爪で痛い」

 

と、現在巻き爪補正にいらっしゃっています。

 

手術をしても

 

また巻く場合もあるということですね。

 

巻かない方もいますし

 

何年後かに

 

爪が変形してしまう方もいらっしゃいます。

 

 

今は色々な方法がありますので

 

手術をする前に

 

まずはご相談くださいませ☆

伸びない爪も伸びるようになります♪

「伸びない爪」

 

爪甲鉤弯症でお悩みの方は

 

年齢問わず多いですね。

 

 

 

こちらのお客様も

 

やっとサンダルが履けるようになった。

 

とおっしゃっていました。

 

 

 

 

 

二ヶ月前

 

やっとBSスパンゲの補正ができるようになりました。

(この補正で更に爪を出していきます)

 

 

ここまで辿り着くまでに

 

皆さん時間がかかります。

 

 

でも、人それぞれ。

 

 

 

その方によって

 

回復力が違います。

免疫力?みたいなものですかね??

 

 

人と比べない。

 

比べるなら

 

昨日の自分と比べましょ♪

巻き爪も『芳 足屋さん』へ

お久しぶり的な

 

巻き爪です。

 

 

 

 

「私は大丈夫」

 

と思っていらっしゃる方も

 

爪はそもそも巻いて出てきますからね。

 

 

知らないうちに

 

酷くなっている

 

という場合もあります。

 

 

 

この爪

 

体重支えるのに

 

物凄く重要です。

 

 

 

「私、巻き爪かな??」

 

と思われる方。

 

早目にご相談下さいませ😊

 

爪甲後湾症改善の落とし穴

修復中の爪甲後湾症。

 

 

 

初回の爪が

 

 

 

 

 

ここまで回復したのに・・・

 

 

 

 

 

「ここまで回復すれば

 

あとは伸ばしていくだけ!!」

 

 

 

普通はそう思われますね。

 

 

 

その結果・・・

 

 

 

 

こうなりました。

 

 

 

私が継続して来ていただきたい理由は

 

ここにあります。

 

 

 

私のよく言っている

 

 

「勘違い」というやつです(^’^)

 

 

 

 

遠回りにならないよう

 

地道なメンテナンスを

 

オススメします☆

爪はわからないことだらけ

ずーーっと

 

巻き爪補正続けてきたお客様。

 

 

 

爪は白く傷んでいるし

 

履物から見ても

 

きっと圧迫されている・・・

 

 

爪の色から見ても

 

きっと負担をかけけるんだなぁ~

 

と。

 

 

 

補正しなくてもいい爪の角度かな??

 

と思いながらも

 

「補正してほしい!」

 

と強く希望されるため

 

爪に支障の無い限り

 

爪を引き上げてきました。

 

 

 

 

そして今日・・・

 

 

今までに見たこともない色の爪が

 

2ミリほど根元から出てきてる!!

 

 

こんなことがあるのか??

 

と。

 

 

 

初めて見る『新芽』ともいえる爪に

 

感動といいますか

 

まだまだわからないことが(想像できないことが)

 

爪には沢山あるのだと

 

実感した今日一日でした。

 

 

 

画像は次回☆

 

 

 

元気な爪は元気な皮膚に宿る。

「陥入爪(かんにゅうそう)で

 

肉芽(にくげ・にくが)になってしまったり

 

爪の切り方や圧迫で

 

皮膚が膿んでしまう。」

 

 

 

それを繰り返している方々が

 

いらっしやいます。

 

 

 

爪の変形や変色にも同じですが

 

 

「元気な爪は

 

元気な皮膚に宿る。」

 

 

と考えています。

 

 

 

 

どういうことかといいますと

 

 

 

 

人差し指の爪は元気なのに対して

 

中指と薬指の爪が

 

ガタガタと変形しているのがわかります。

 

 

これは私の皮膚荒れが原因。

 

 

 

皮膚を見ると

 

 

 

 

人差し指の皮膚は整っているのに対して

 

隣の二本の指は

 

指紋がはっきり見えなくなっています。

 

 

 

これは足の爪にも同じことが言えます。

 

 

 

元気な爪を作るためには

 

元気な皮膚。

 

そして長期に渡る皮膚の圧迫も

 

爪の変形を起こす原因になるだろうと

 

私は思っています。

 

 

 

直ぐには目に見えて現れないのが爪。

 

 

 

一度よーーく見てみましょう。

 

もう始まっているかも????

 

ですね。

 

 

 

 

 

分厚い爪の治し方

二番目の指。

 

手でいうと人差し指にあたります。

 

 

 

 

 

変形するのは、拇指(手でいう親指)

 

だけではありません。

 

 

痛みのない軽度の圧迫でも

 

長期間で少しずつ変化していきます。

 

 

こうした爪は、放置していても

 

綺麗な爪にはもどりません。

 

 

 

まずは余分な爪(角質)を除去すること。

 

 

 

 

ここからがスタートです。

 

 

 

 

 

 

▲TOPへ