LINE簡単お問合わせ・ご相談

LINE簡単お問合わせ・ご相談

健康QOL

続・魚の目?の痛みを取る方法

 

昨日の続き。

 

 

 

こちらのお客様ですね。

 

年明け

 

「皮膚が再生したので、魚の目を削ってほしい」

 

とのことで一昨日ご来店。

 

 

 

 

 

随分綺麗になりました(^’^)

 

 

皮膚はこれでなければ・・・

 

って感じなんですが

 

肝心な魚の目??

 

 

 

魚の目ではないようです(^’^)

 

 

この診断は病院なのですが

 

最初にこれを魚の目だと診断したのが

 

病院だということ。

 

 

 

ここでお客様が迷ってしまうのですね。

 

これに限らずなのですが

 

「それ本当かな??」

 

と、自身でも考える癖をつけましょう。

 

(ただこの魚の目もどきの角質に関しては、

専門家でも意見が分かれるようですので

仕方のないことです。)

 

 

 

私が普段言っていることも怪しいものです(^’^)

 

 

 

貴方にとっての常識は

 

他の人から見れば非常識かもしれません。

 

 

 

海外からしたら常識なことが

 

日本からすると非常識。

 

 

一夫多妻がいい例です(^’^)

 

 

そうすることによって

 

色んな考えの方を受け入れることができます。

 

 

と、話を戻しますが

 

お客様の足裏の角質は

 

魚の目ではなくイボのようですね(^’^)

 

 

魚の目とイボの何が違うのか?

 

をまた後日。

 

 

 

 

 

 

 

 

アイシングでやってはいけない事。

痛みのある膝に

 

サロンでおススメしているアイシング。

 

 

 

必ず「氷+水」でお願いしているのですが

 

ついつい面倒で・・・

 

と、アイスノンなどの冷却グッズを使うと

 

 

 

 

 

凍傷を起こしてしまいました。

 

 

 

皮膚科行って軟膏をもらったそうですが

 

『抗生剤などの軟膏は塗らない。』

 

が、私のおススメする火傷専門の

 

ワシミ整形羽根分院のドクターの意見です。

 

 

先生曰く『意味がない』とのこと(^’^)

 

 

 

 

 

今回はお客様の火傷の状態を先生に送り

 

意見をいただいた上で

 

受診していただくことにしました。

 

 

ワシミ整形さんは

 

陥入爪の肉芽も診ていただいている病院です。

 

 

火傷やズル剥けた酷い傷などは

 

是非ワシミ整形の元山先生を

 

お尋ね下さい。

 

 

ワシミ整形外科羽根分院

https://washimi-seikei.jp/

 

 

膝の痛みにまずはこれ!

中高年で

 

膝痛を訴える方は多いですね。

 

 

私も経験あり(^’^)

 

 

 

変形何とかとか、軟骨がすり減っているとか

 

それは正直どうでもいいことで

 

膝痛の方が何を望んでいるか?

 

 

というとそれは

 

膝が真っ直ぐになることでもなく

 

軟骨が増えることでもない。

 

ヒアルロン酸で膝が潤うことでもありませんね。

 

 

 

要は

 

「この痛みが無くなること」

 

ではないでしょうか?

 

 

 

この膝痛に関して

 

サロンではアイシングをおススメしています。

 

 

ホントに

 

騙されたと思ってやっていただきたい。

 

痛みが消えます(^’^)

 

 

 

アイシングの注意点は

 

以前書いていますが

 

必ず守っていただきたい。

 

 

でないと事故が起こります(^’^)

 

 

 

アイシングの手引きがありますので

 

ご利用の方はお伝えくださいませ☆

 

 

 

 

 

知らないより知っていた方がいい足の事。

「テレビで巻き爪の事をやっていて

 

心配になって電話しました」

 

というお問合せでした。

 

 

 

足や足爪のこと。

 

時々テレビでやるようですね。

 

お客様が教えて下さいます(^’^)

 

 

 

内容はわかりませんが

 

足は普段目につかないところ。

 

隠そうと思えば隠れてしまう場所ですので

 

自分の足や足爪は

 

いわゆる

 

『これが普通』

 

と思っている方が多いのでは?と思います。

 

 

 

私も介護の仕事に携らなければ

 

これほどいろんなトラブルのある場所だとは

 

思わなかったし

 

考えもしなかったでしょう。

 

 

 

でもこれは

 

寝たきりに繋がる・・かもしれない?

 

大事な大事な体の一部。

 

 

 

いくらでも予防できますし

 

改善も可能!

 

 

1人でも多くの方に知っていただきたい知識です。

 

 

訪問フットケア

「訪問で爪のケアはやっていますか?」

 

とのお問合せが時々あります。

 

 

施設の方だったり、個人のお客様だったり様々です。

 

 

どういう方が必要とされているのか?

 

ですが

 

恐らくこちらのサロンまで来られない方。

 

なのだろうと推測します。

 

 

 

でもよくよくお話を聞くと

 

「病院には行けている。」

 

とのこと。

 

 

 

どういうこと??

 

そういうことです(^’^)

 

 

私が訪問して爪を切る必要はないということですね(^’^)

 

 

 

でも

 

どうしても家に来てほしい!!!

 

というお客様には

 

私のお仲間のフットケア専門の看護師さんを

 

ご紹介しております。

 

 

私よりももっともっと

 

優しい方が伺いますのでご安心を(^’^)

 

 

いつでもご相談下さいませ☆

 

 

 

 

『後悔する』ということ。

「反省しても後悔するな」

 

 

 

小学校4年生の時

 

担任の先生から教わった。

 

 

 

それからというもの

 

私の中には『後悔する』という

 

文字がない。

 

 

ということは

 

そういった出来事もない。

 

 

 

先日会った知人が

 

「勢いで結婚したけど・・・

 

もっと〇〇しておけばよかった・・・

 

凄く後悔してる・・・」

 

と言っていた。

 

 

 

後悔してるということは

 

「別の選択をしていれば

 

こうはならなかった。」

 

ということだろうが

 

仮にその『別』な選択をして

 

現在どうなっていたか?

 

 

 

なんて比べることができない。

 

 

 

そもそも「後悔」とは幻で

 

無いと同じこと。

 

 

だったら考えるだけ時間の無駄だ。

 

 

 

『何時も私の選択に間違いはない』

 

 

そう思って生きていた方が楽だと思う。

 

 

 

歯周病菌は殺してはいけない!?

口の中にも足裏同様、菌がいっぱいです。

 

足裏は200種類程

 

口の中は数百種類と言われています。

 

(数ではなく種類です(^’^))

 

 

その中でよく聞く

 

『歯周病菌』

 

 

歯周病菌という菌があるのではなく

 

歯周病を引き起こす菌を総称して

 

『歯周病菌』といっています。

 

 

その細菌の中でも悪の中の悪。

 

トップ3が

 

PG菌、TD菌、TF菌。

 

何処かで聞いたことがあるかもしれません。

 

 

 

歯周病菌の悪玉御三家(^’^)

 

 

この歯周病菌をやっつけようとして

 

絶対やっていけないのが

 

殺菌、滅菌、抗菌等々のいわゆる菌の皆殺し。

 

 

要は良い菌まで殺してしまっています。

 

 

菌は殺してはいけません。

 

ただただ、動きを止めればいいだけのこと。

 

 

自動車が危険なのではなく

 

自動車が暴走するから事故が起こります。

 

 

この歯周病菌を指名手配することができるのが

 

ダチョウ抗体。

 

 

一度お試しあれ(^^♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お薬

昨日は、アロマの先生による

 

『鎮痛剤』の講習会。

 

このアロマの久保田先生は

 

もと薬剤師さん。

 

 

何故薬剤師からアロマに転向したのか?

 

私が彼女に引かれたのはここからです。

 

 

それ以来いろんな事を教えていただいているのですが

 

昨日はその中の一つ『鎮痛剤』について。

 

 

時々お客様にも

 

痛み止めのお話をしていますが

 

「へぇ~~~~そうなの!?」

 

「そんなことが起こってるの!?」

 

「人間って・・というか

 

お薬作ってる人ってすごいわ~~」

 

と改めて思う。

 

 

知ることって、とっても楽しい♪

 

そして人間って凄い!

 

 

お体を大切に・・・ですね^^

 

 

 

日本人はなぜ、『薬』を飲み過ぎるのか?

足のご相談で来られるお客様に

 

どんなお薬を飲んでいらっしゃるか

 

お聞きすることがあります。

 

 

その中の一つ、「骨粗しょう症」のお薬。

 

私は「お薬」というのは

 

病気の方に使うものだという認識。

 

 

〇〇症というのは

 

症状を示している状態でであって

 

病気とは別物だと思っています。

 

 

要は「自分で何とかできるんじゃないのかな??」

 

と、まずは考えるレベル。

 

 

先日いらっしゃったお客様で

 

お医者さんから

 

「お年になったので

 

予防のために骨粗しょう症のお薬を

 

飲んでおきましょう」

 

と言われて飲んでいたといいう話。

 

 

 

しばらくして同じ方が別なお医者さんにかかり

 

今度は

 

「骨粗しょう症のお薬を飲み続けると

 

骨が折れやすくなるから止めましょう」

 

と言われて止めました。

 

と。

 

(最近では、後者の先生もいらっしゃるんだな~という驚き)

 

 

 

20年以上前の事ですが

 

介護現場時代

 

お薬は足し算ではなく

 

引き算形式で

 

お年寄りが日に日に元気になっていく姿を見ています。

 

 

宇田川久美子さんの著書

 

日本人はなぜ『薬』を飲み過ぎるのか?

 

参考にされると良いですね☆

 

 

爪水虫・爪白癬(つめはくせん)は改善するのか?

爪水虫と診断されて

 

薬が処方になっても

 

多くの方が途中で止めてしまいます。

 

 

 

こういったことの繰り返しで

 

耐性菌ができてしまい

 

今度使おうと思った時には効きません。

 

 

 

お薬について

 

「飲んだり飲まなかったりするんだったら

 

飲まない方がいい」

 

と小さい頃

 

母親からよく言われていました。

 

 

こうやって増える残薬年間数千億円・・・

 

医療費は、本当に必要な人が使うものだと

思っています(^’^)

 

 

 

話を戻して爪白癬のお話です。

 

お手入れ方法でここまで変わるのか??

 

と私も驚いたぐらいです。

 

 

 

 

 

 

昨日ご来店されました。

 

いやぁ~~

 

お薬なしでここまで改善した例は

 

私の中では初めてです。

 

 

あっぱれYさん!!

▲TOPへ