ブログ

『ダチョウ力』

 

今朝はとても気持ちがいい♪

 

 

 

 

何でこんなに綺麗に雲が並ぶんでしょう。

 

 

 

そんなこんなで、一日フリーでご近所ぶらぶらしてます。

 

 

 

お客さんからおススメいただいた

 

初めての『鶴舞中央図書館』。

 

 

 

 

 

読みたい本があって頼んでおいたのです。

 

 

こちら、

 

 

 

 

ダチョウを愛する獣医さんのお話。

 

 

 

 

ちょっと趣旨とは離れるのですが、

 

とてもいいことが書いてあったのでご紹介。

 

 

獣医の塚本先生は、動物病院で働いている頃

 

ペットの臨終の場面にも立ち会います。

 

その中の一文。

 

 

「僕自身はペットと飼い主さんの狭間でずいぶん悩んだ。

 

ガンなどの慢性疾患で激痛が続くと、副腎皮質ホルモンが分泌され、

 

痛みが自然にやわらぎ、苦しまないで死ねるような体内環境に移行していく。

 

そのような状態のとき強心剤を打ったり、酸素吸入を行うと、動物を苦しませるだけになる。

 

獣医はそれがわかっていても、飼い主さんに頼まれると・・・

 

 

 

と続きます。

 

 

動物も人間と同じなんだな~~と。

 

 

塚本先生、お会いしてみたいですね^^

 

 

その前にイボ博士に会いにいかねば・・・

 

 

 

 

 

巻き爪の痛み?

 

 

「最近爪が巻いてきて痛い」

 

と、友人が訪ねてきました。

 

 

 

 

巻いていない事はないのですが、

 

痛みの出るカーブではないです。

 

 

前はこんなに爪が厚くなかったような・・・

 

 

 

横のこの部分が痛そうです。

 

 

 

 

マニキュアを落として、お掃除を始めると

 

爪の下に角質。

 

 

 

 

真菌かな~~という感じです。

 

それが圧迫して痛みが出ていたのかもしれません。

 

お掃除後は痛みもなくなっていました。

 

 

年齢が増せば増すほど、

 

爪変形のリスクは高くなります。

 

 

歯医者さんと同様、

 

定期チェックをお勧めいたします^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小さな指の巻き爪補正

 

親指以外の巻き爪補正も、

 

ぺディグラスのなせる業だと思います。

 

 

 

 

真ん中の指です。

 

 

 

 

2回の補正で終了予定。

 

 

 

先月傷のあった隣の指も、

 

オイルとカットで腫れがおさまり、

 

痛みも消失していました。

 

 

 

スニーカーにしてくださったご本人の

 

協力あっての巻き爪補正です。

巻き爪ケア

 

 

 

親指の巻き爪補正をしながら

 

他の指もオイルで爪育。

 

 

 

爪もたんぱく質。

 

お肌の調子がいいと、

 

なんとなく爪の調子もいいですね(^^♪

足腰年齢

血管年齢・骨年齢・腸年齢などなど。

 

いろんな〇〇年齢ってありますね。

 

 

先日、出掛けた先で見つけた

 

足腰年齢測定会。

 

スギ薬局さんがやってました^^

 

 

 

 

 

 

こんな感じのですね。

 

 

手は胸に。台に腰かけて片足で立ち上がります。

 

 

私は足自慢!!の方が列をなしていました。

 

 

当然私も(^’^)

 

 

 

一番低い黒い台からもいけました~(^^♪

 

 

スクワット効果!!

 

これ以外にないですね。

 

 

一番下から立ち上がって気が付いたのですが、

 

スクワットって、単に筋力アップだけじゃないんだな~って。

 

 

『芳 足屋さん』のスクワット。

 

是非体験にいらしてくださいませ~~♪

 

 

『酒亭神田さくま』名古屋駅

本日は名古屋祭り♪

わたくしたちは酒祭り♪

蔵元さんの還暦祝いでお邪魔しました。

  

お酒は杜氏さんが選ぶお酒を次々と。

写メる間も無く次のお店へ^ ^

  

新栄にある隠れ家中華屋さん。

名前忘れちゃいました💦

今度またゆっくりお邪魔しましょう。

男性の外反母趾

 

今日は朝から夕方まで

 

一日中男性のお客様でした^^

 

 

「男の方も来られますか?」

 

とよく聞かれます。

 

 

フットケアサロンというと、

 

爪や角質から女性のイメージですが

 

男性も足に悩みやトラブルがあるのです。

 

 

外反母趾=ハイヒールと思われがちですが、

 

男性にもありますし、今や小学生の子供さんの外反母趾で

 

悩むお母様方もいらっしゃいます。

 

 

遺伝的なものもありますが、

 

外反母趾の方の足を見ていて、

 

あまりごつい足というか、体の大きな方には

 

少ないような気がします。

 

 

どちらかというと細身?

 

足の筋肉量も関係あるのかなとも思います。

 

 

これからもっと増えていくのかもしれませんね。

 

 

 

 

 

超おススメ本!

わたくしは介護士です。

 

介護現場を離れたのは、

 

「これでは寝たきりが増えるばかりだ。」

 

と思ったから。

 

 

施設に入所している方は、

 

「お客様だから」という理由で自らは動かない。

 

介護士は、やってあげるのが親切だと勘違いし、

 

転倒を恐れてADLの向上を目指さない。

 

 

介護現場のスタッフは年々減っていく一方で、

 

高齢者は確実に増えていく。

 

 

わたしの言いたいのはシンプル。

 

自分のできる事はしよう。させよう。

 

 

「自立できる高齢者を一人でも増やす」

 

その思いでフットケアを始めました。

 

そしてその過程でで筋トレに出会って5年。

 

 

足が変われば人生が変わる。

 

脚も変われば人生が変わる。

 

 

できるできないは別にして、まずやってみよう。

 

そう「つべこべ言わずスクワット!」

 

 

40歳過ぎたら一人一冊は購入ですね(^-^;

 

 

 

 

 

来月京都で出版記念講演あります。

 

呼ばれてないですけど行ってこよーーーっと(^’^)

 

 

 

 

 

 

巻き爪補正

 

ご高齢の方の巻き爪。

 

 

 

 

 

皮膚科で麻酔をして補正をしていたそうです。

 

痛いですね(-_-;)

 

 

年を重ねると、皮膚も薄くなってきますので、

 

爪で皮膚を傷つける前に

 

補正をおすすめいたします。

 

 

補正の必要ない場合は、爪のカットとオイルで

 

様子をみます。

 

 

 

勿論爪のカット、靴の履き方など

 

ケアの方法もお伝えします。

 

 

 

できることはご自身で。

 

できないことだけをお手伝いしています。

 

 

 

格差社会

 

よく『収入格差』と聞きますが、

 

わたしがこのお仕事をしていて思うのは、

 

『体力格差』

 

 

普段から運動をしている方としていない方が

 

極端なんですね~(^’^)

 

 

20歳過ぎれば筋力は落ちていきます。

 

30代40代が気が付かないのは、

 

まだ歩けるから。

 

 

50代、60代もまだ動けるから・・・

 

 

でもここからですね。

 

 

今までやってきた人と、そうでない人の差が

 

大きく開いてくるのは(-_-;)

 

 

この世代の方々は日本人口に占める割合が多いです。

 

わたしは本当に案じております(^-^;

 

 

足も脚も大切です。

 

スクワット生活始めましょ!

 

 

 

 

 

 

 

▲TOPへ