ブログ

介護士と高齢者の爪

 

高齢の方に多い爪です。

 

勿論若い方にも見られます。

 

 

いろいろな原因がありますが

 

主に靴の圧迫と、外傷、白癬菌などです。

 

 

一番いけないこと。

 

それは「放置すること」です。

 

 

爪は伸びています。

 

ゴツゴツで伸びている爪は

 

靴下、靴に当たります。

 

 

痛みや違和感で

 

歩くことから遠ざかります。

 

靴を履きたくないのですね。

 

 

認知症であればそれを

 

「痛い」とは言わず

 

靴を履かない他の理由を言っていたりもします。

 

 

爪でどれだけ歩行が変わるか・・・

 

 

早ければ早い方がいいですね。

 

痛みをかばう歩き方は、それが習慣になります。

 

 

それに気づける介護士さんが増えるといいですね☆

 

 

 

 

 

 

 

巻き爪補正その後は?

 

爪を引き上げた跡があります。

 

 

今まで爪のあったところが

 

凹んでいますね。

 

 

爪を引き上げているのは

 

補正器具の力です。

 

 

オイルは勿論の事

 

この凹みを埋めるには

 

歩くこと。

 

歩くこと!

 

歩くこと!!

 

 

3回言いました(^’^)

 

 

 

最近、本当に大切だな~って

 

思うんですね。

 

 

歩くこと・・・

 

 

4回になりましたね(^’^)

靴の調整。

お客様からお預かりしたゴルフシューズ。

 

 

 

中敷を取り外して

 

 

ここにビッグスキンを貼っていきます。

 

 

 

 

 

 

 

豚さんの皮ですね。

 

 

 

人間で言う皮膚。

 

 

 

なので毛穴があるんです。

 

 

 

 

 

 

 

両面テープも特殊なものです。

 

 

 

通気性もよく、蒸れにくく、そして何より足に吸い付く。

 

 

 

 

 

これは履いた方にしかわかりません。

 

 

 

 

 

中で足が擦れなく、本当に気持ちいいんです♪

 

 

 

 

 

ソックスも一緒。

 

 

 

 

ナイロンは摩擦熱が・・・ですね。

 

 

 

 

 

糖尿病の方の中敷の表面にもいいんだろうな〜って

 

 

 

 

作りながら思ってました。

 

 

 

 

 

ここにFCさんのシューレース。

 

 

 

 

靴が生まれ変わります。

 

 

 

 

そして歩き方も変わります^_^

 

『肥厚爪祭り』

今日は両国で勉強会です。

 

 

 

 

 

 

 

 

『肥厚爪』(ひこうつめ・ひこうそう)

 

 

 

 

面白そうですね^ ^

 

 

 

 

簡単に言うと、分厚くなった爪のことです。

 

 

 

 

いろいろな原因がありますが

 

 

 

高齢者に多い白癬菌からの爪肥厚。

 

 

 

 

 

これは、予防がとても重要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なる方には予兆があります。

 

 

 

 

 

 

日々のケアですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タコは痛い??

「タコができて痛いんです!」

 

 

 

 

どんな時に痛くなるかと聞くと

 

「長い時間立っていると・・・」

 

と。

 

 

魚の目やタコができていれば、

 

「それがあるから痛くなっている」

 

と思うのが普通です。

 

 

削れば無くなるし、痛みも無くなると考えます。

 

 

ただ今回のタコは、痛みの出るものではありません。

 

 

タコが痛いのではなく、

 

痛みの出るところにタコができている。

 

と考えます。

 

 

 

じゃ何故痛い??

 

 

このような訴えのある方のほとんどが

 

よくよくお聞きすると、この場所が痛くなるようです。

 

 

 

 

私がお仕事を始めたころは

 

年配の方の訴えが

 

今や若い方に浸透していっているようです。

 

浸透っておかしいですけど(^’^)

 

 

要は足のトラブルも

 

低年齢化しているということです。

 

 

頑張れ若い衆!!

 

 

 

 

 

ちっちゃなお子さんの靴

自転車で税務署からの帰り道

 

ちっちゃな保育園のお子さんの手を引いて

 

お散歩していた保母さんとすれ違いました。

 

 

その中の一人の女の子

 

2歳ぐらいでしょう。

 

保母さんの歩くスピードが速いのか?

 

 

片方の足が引っかかっている様な

 

ちょっと小走りするように・・・

 

頑張って歩いているな~と感じました。

 

 

(本音は、保母さんもうちょっとゆっくり

歩いてあげればいいのにな~って(^’^))

 

 

すれ違ってからしばらく走っていると

 

横断歩道の向うに

 

ちっちゃなピンクの靴が。

 

マジックテープが付いているちっちゃな靴・・

 

 

あ、あの女の子の靴だ!

 

と。

 

女の子が変な歩き方をしていたのは

 

片方の靴を履いていなかったから。

 

だからあんな歩き方してたんだ・・・って。

 

 

靴を拾って、すれ違った方へ戻って行くと

 

それに気が付いてか

 

保母さんも女の子を抱っこして

 

こちらに向かって来ていました。

 

 

 

簡単に脱げてしまう靴の履き方(履かせ方)。

 

この時期のお子さんの靴はとても大切です。

 

 

履く靴、履き方によって

 

いかほどにもなります。

 

 

ちいさなお子さんに接する方には

 

知っておいてほしいことですね☆

 

 

靴紐で変わる。

魚の目・タコのご相談でご来店されました。

 

 

魚の目・タコの原因は

 

ほぼほぼ靴だと私は思っています。

 

 

どうしてもお仕事でヒールを履かなければならない方。

 

手っ取り早いのは「履かない事」

 

まずはこれをお伝えした上で

 

できる事を提案していきます。

 

 

日中ヒールを履かなければならない・・・

 

それならば、ヒールに負けない足を造りましょう(^^♪

 

 

 

指を伸ばすこと、使うこと、そしてCSソックス体験。

 

 

最近買われたという靴。

 

テストして良かったので

 

片方の靴だけ調整して

 

CSのシューレース。

 

 

 

 

「全然違う・・・・」

 

体感していただいた後全て交換。

 

 

「軽いっ!!永遠に歩ける!!」

 

と。

 

嬉しい限りです(^^♪

 

 

 

魚の目・タコを削って終わるのかと思っていたそうです。

 

実際そういう方もいらっしゃいますが

 

本気で変わろうという方には

 

最期までしっかりお伝えします♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

居酒屋『ごくりっ』in木更津

 

千葉のフットサロンの先生との勉強会の後、

 

 

 

いや、前?のミーティング^ ^

 

 

 

美味しいお店に連れてきてもらいましたー♪

 

 

 

 

 

 

アテが美味しいとススみます!

 

 

 

 

 

 

 

メニューの右から順に♪

 

 

 

 

 

 

そして今日も、池袋でミーティングという名の足のお話。

 

 

 

 

同じ方向でフットケアをやっている方々と

 

話をしながら飲むお酒は美味しいです♪

 

 

 

介護士の時も、やりたいことを語りながら仲間と毎晩のように飲んでました。

 

 

 

チームでお仕事をするのもいいものですね♪

深爪のリスク

「深爪はいけない」

 

というのはよく聞くお話。

 

何故いけないのか?

 

それを繰り返すとどうなるのか?

 

を正しく理解している方は

 

少ないでしょう。

 

 

もしそれが指の切断に繋がると知っていたら?

 

残念ながら

 

それでも「わたしは大丈夫」と

 

思う方が普通です。

 

 

いつも、

 

「白いところを残さずに切ってしまう」

 

という方、まずは一ヶ月爪には触らずに。

 

 

そしてもし、その間に切りたくなったら・・

 

違和感、痛みが出たらすぐにご連絡を(^’^)

 

 

男性の方、小、中、高校生のお子さん、

 

非常に多いです。

 

 

奥様、お母様、大切なご家族の足の爪

 

一度見て差し上げて下さいね~。

 

 

Rose Caffe

 

サロンのご近所。

 

 

 

 

 

本日オープンということで、お誘いを受けて行ってきました♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食べる薔薇の専門店^ ^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お誕生日ケーキも予約できるそうですよ〜♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とにかく薔薇、薔薇、薔薇

 

 

 

 

 

 

女子力UPに是非♪

▲TOPへ