LINE簡単お問合わせ・ご相談

LINE簡単お問合わせ・ご相談

足・爪のこと

魚の目・タコ

 

営業さんから

「小指の魚の目が痛い」

とお電話いただきました。

 

小指の背中側(丸っこくなっている場所)にできる魚の目やタコは

靴が当たっている可能性大です。

というか、靴が当たってますね(^^)

 

小指もおそらく内側に入っているでしょう。

内反小趾といいます。

もし小指の内側に魚の目があるのでしたら、隣の薬指に当たっています。

 

指にできるものは、骨の変形も始まっているかもしれませんので

早目のカウンセリングをおススメします☆

魚の目

夏に向けて

 

61歳女性です。

三越の前で声を掛けていただいてから、一ヶ月に一度ご来店されております。

 

「こういうお店があるとは知らなかった」

 

足は他の方と見比べることのできない場所ですから、そういったお悩みを持っているかたも

少なくありません。

 

「素足でサンダルを履きたい」という目標に向かって、少しずつメンテナンスをしていきます。

 

もともとこうなった環境を1つずつ取り除いていくこと。

それが大きなポイントになります☆

 

IMG_0159IMG_0162

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

寝たきり街道阻止計画その③

 

叔母さんに合うシューズを作ります。

右の外反母趾、タコができるぐらいになっていたので、

こちらのメッシュタイプのシューズを選びました。

 

右の外反母趾が強かった部分のメッシュを叩いてなめします。

インソールの型の部分は、先週作っていたので、後は中敷きを選び

組み合わせていきます。

 

「痛くない」

と言って歩いてくれる叔母さんの顔を想像しながら作っていると

靴作りがとても楽しいです♬

 

IMG_0157

 

 

 

巻き爪原因その①

 

お肌も乾燥するように、爪も皮膚の一部ですので乾燥します。

 

赤ちゃんの時には9割水分だった体が、年を重ねるにつれ

8割・・・6割・・・と徐々に体の水分がなくなってきます。

 

ということは、爪も年を重ねるごとに乾燥が進んでいくということです。

 

以前にも書きましたが、巻き爪の原因の一つに爪の乾燥があります。

「知らないうちに巻いてきた」

「昔はこんなんじゃなかった」

という方、結構いらっしゃいます。

 

年齢とともに爪も乾燥し、本来若木のようにぐね~っとしなるはずの爪が、

水分が抜け落ち硬く縮みます。

水分を含んだ若木が乾燥するときゅ~っとしぼむのと同じです。

高齢者に巻き爪の方が多いのは、その理由からかもしれません。

 

ご自身の爪は若木の様にしなりますか?

tree2_natsu

 

巻き爪後の自己ケア

 

巻き爪補正のお客様。

「買った靴が痛くて履けない」とおっしゃっていたので、

一度持ってきて見せてくださいとお願いしていました。

 

昨日施術が終わって見せていただきました。

 

どう見ても彼女の足のサイズではないのでは?と思いましたが一度履いてもらいました。

 

踵をトントンしても、つま先があたり、横幅も「紐足りるんか!?」というぐらい

パンパンです。サイズを見るとLサイズ。

L??

 

「どこで買ったの?」

「し〇〇らで安かったんよ」

 

インソールを外すことができたので、外に出して足を乗せてみました。

インソールから足がはみ出てる・・・

そりゃ痛いはず。

 

彼女には靴の選び方をお話し

「この靴、どうしようかね~」

と聞かれたので、

「捨てちゃいな~」

とお答えしました(^^)

追伸:初対面のお客様にこのような発言はいたしません(^^)

 

 

巻き爪

 

 

 

 

 

寝たきり街道阻止計画その②

外反母趾

叔母さんの外反母趾。

 

IMG_0090

 

日常足は見比べることのできない場所ですから、

「こんな風になるの!?」

と思われる方も多いかと思います。

 

決して珍しい事ではありません。

なんせ叔母さんは87歳。

70歳まで看護師として勤務していました。

 

まず骨の出っ張りにできていた魚の目を取りました。

 

そしてCSソックスです。

 

IMG_0092

 

履いている時間が長ければ長いほど良いです。

この状態の外反母趾の方には、「入浴時以外は履いて欲しいです」

とこちらの意向をお伝えします。

あとは、やるかやらないかは本人次第。

 

厳しいですが、

「自分の体は自分で造る」

んですよ~☆

 

 

 

寝たきり街道阻止計画その①

 

『寝たきり街道』のスタート地点にたった

叔母のところへ行って来ました。

 

外反母趾が痛くて病院に行き、ドクターに

「痛いなら骨切ろうか?」       外反母趾

と言われ、靴を作って帰ってきたそうです。

 

痛くないように作ってきた靴がこちら

 

IMG_0086

 

「ミッキーマウスのようで、いくら年寄りでも恥ずかしくて履けない・・・」

「履いてみたけど歩くと痛いの・・・」

と言うのです。

 

ミッキーマウスね~

うまいこと言うもんだと感心しながら、叔母の足の計測をしました。

21.6㎝と22㎝。

靴のサイズは24センチを超えてる?と思わせる大きさです。

 

まず紐靴ではない。論外です。

マジックテープでブカブカな靴は、歩くと中で足が前に滑ります。

いくら大きい靴を履いても前の狭い空間に足が滑っていってしまうのです。

 

「マジックテープは簡単だから」と年を重ねるにつれ、

面倒なことを避ける傾向にありますが、「面倒な事は身体に良い」のです。

 

「面倒くさい」が口癖な方、その先には寝たきり街道が待っているかも?ですよ~

 

 

 

 

 

魚の目・タコ

 

紹介でご来店いただきました。

魚の目+タコですで痛みがあるようです。

 

IMG_0082

 

この部分の小さい魚の目、看護師さんや介護士さんに多いです。

そういう私も介護士時代はありました。

ナースシューズを履いている方は、もっと硬くなっているかもしれませんね。

 

IMG_0084

 

100%立ち仕事に近い看護師さんや介護士さん。

ご自身の足づくりをすると、お仕事の疲れ方も変わってくると思います。

 

育児中のホッとできるひと時。

軽い足になって、帰りに栄の街をゆっくり散策できたことを願っております☆

 

魚の目

 

 

 

 

爪の乾燥

『乾燥』

お肌にとって良くない言葉ですね。

お肌も皮膚、爪も皮膚ですので、爪にとっても『乾燥』は避けなければなりません。

 

巻き爪を助長する理由に、この『乾燥』があります。

枝も乾燥すると、ぎゅう~っと縮みます。

(インスタントみそ汁に入っている豆腐、ちっちゃ!って思ってしまいます。)

そんな感じで爪も収縮します。

 

乾燥すれば縮む。

というわけで、巻き爪も乾燥すると収縮します。

 

顔にペタペタ塗るように、爪にももオイルを塗って、乾燥を防ぎましょう!

 

 

 

陥入爪

 

昨日

「娘なんですけど・・・」 とカウンセリング希望のお電話を受けました。

 

娘さんのことで、お母様からお電話いただく場合

9割(10割に近い?)『陥入爪』です。

 

電話で少し伺うと、痛みがあって皮膚科に行ったとのこと。

皮膚科では、爪を切ってお薬をもらったそうです。

娘さんのお休みが2週間後なので、その日の予約を希望されました。

今は痛みが治まっているからと・・・

 

今痛みが治まっているのは、皮膚科で爪を切ったからです。

おそらく一週間はもたないでしょう。

まだ痛みが出て腫れてくる可能性は大です。

 

お仕事で遅くなると言われましたが、営業時間外でも構わないので、

明日一度見せてもらえませんか?とお願いしました。

 

『陥入爪』でひどくなる方は、この繰り返しをされてしまう方です。

 

自宅でできることもありますので、まずはカウンセリングにお越しくださね。

 

陥入爪

 

P.S. ご相談はお電話・メールでも受け付けておりますが、見せていただいた方が、

適切なアドバイスができると思います。

カウンセリングも完全予約で行っていますので、電話連絡の上お越しください☆

 

 

 

 

 

 

▲TOPへ