LINE簡単お問合わせ・ご相談

LINE簡単お問合わせ・ご相談

お知らせ

中高生に多い陥入爪。

学生の頃

 

爪のトラブルがなかった私は

 

ラッキーでしたが

 

今多い中高生の陥入爪。

 

 

 

 

 

「何度か膿が出て、皮膚科へ行っては切ってもらい

 

塗り薬をもらっている」

 

 

これがよくあるパターンです。

 

 

これを続けていると

 

大変なことになります。

 

 

詳しくは『肉芽の部屋』へ(^’^)

 

 

こうなる方の皮膚や爪はとてもよく似ています。

 

 

そういう環境下に足を置いていると

 

そして爪を切っていると・・・

 

 

良かれと思ってやっていることが

 

全てが逆方向だったりします。

 

 

 

 

 

本来はこの爪です。

 

 

ある時のボタンのかけ違いから

 

ずっとずっと治らずに

 

大人になってしまっている方もいらっしゃいます。

 

 

 

まずは自分の身体を「知ること」

 

 

ここからだと思います。

 

 

 

爪甲後湾症(そうこうこうわんしょう)は改善できる。

本日ご卒業されました。

 

 

 

 

皮膚科で何件も断られ

 

「わからない・・・」

 

と言われ

 

当時は必死で調べたし検索もした・・・

 

と振り返っていました。

 

 

 

 

 

「爪は分厚くなるだけで前に伸びず

 

一生このままかと思っていた」

 

 

皆さん同じです。

 

 

ネイルで隠したり

 

ジェルで長さをだしてごまかしたり

 

それしか方法がないのだと

 

思うはずです。

 

 

が、改善できます。

 

というか、改善していかなければなりません。

 

一生使う足の爪ですから。

 

 

LINEから写真添付の上

 

是非ご相談下さい☆

 

爪甲後湾症は継続ケアが大切。

本日2回目のご来店。

 

 

 

 

 

ここまで綺麗になってしまうと

 

「これで生えてくる」

 

とどうしても思いがち。

 

 

 

わからなくもないです(^’^)

 

 

ですが実は

 

ここからがスタートなんですね。

 

 

ここで止めてしまうと

 

動き出そうとした爪が

 

またストップしてしまいます。

 

 

 

時間がかかります。

 

でも確実に前に進んでいきますので

 

諦めずケアを続けていきましょう☆

 

 

何もしない。

 

は一番よろしくないので

 

まずはカウンセリングでご自身の爪の状況を

 

把握することをおススメいたします♪

高齢の方の巻き爪

「なんで三角になるのかなぁ~~」

 

と。

 

 

 

 

何度もお伝えしてますが

 

忘れちゃうんですね(^’^)

 

 

 

「三角がみっともないから・・・」

 

と補正を希望されました。

 

 

 

 

高齢の方の場合

 

痛みがある場合にのみ

 

巻き爪補正をしています。

 

 

痛みを我慢していると

 

歩かなくなり(歩けなくなり)

 

寝たきり街道に向かうことになります。

 

 

早目早目に

 

ご家族に方が気付いて下さると嬉しいですね☆

肉芽・会員様限定ブログについて

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

 

先日より新しく『肉芽ブログ』を会員様限定で

 

アップしています。

 

それについて少しお話します。

 

 

 

何故に会員様限定かというと

 

『爪肉芽』とネットで検索していただければ

 

画像が出てくると思いますが

 

どなたが見ても「美しい」と言える画像ではないからですね(^’^)

 

実際苦手な方が多いです。

 

なぜなら肉芽が出血しているように見えるし

 

実際に出血していることもあるからです。

 

俗に言う『エグイ』写真です。

 

 

基本こういった爪は私たち施術者は施術をしてはいけません。

 

そのように学校で教わっています。

 

『医療行為』になるかどうかは別として

 

そう取られるからですね。

 

 

ですのでこういった爪の横に肉芽を形成している方は

 

「医療機関に行ってもらう」

 

これが原則です。

 

 

ただ、病院にいったら

 

どんな処置をされて

 

どんな結果になるのか?が分っていながら

 

私はどうしてもそれを伝えることができません。

 

 

病院を受診して

 

もしかしたら良い結果が得られる場合もあるかもしれませんが

 

少ないと想像します。

 

 

何故ならば、医療機関を何回も(何件も)受診して

 

でも改善しなくて

 

最悪な状態でこちらにご相談に来られる方がほとんどですから・・・

 

 

でも決まりだからダメでしょ?

 

となりますね。

 

もし私が当事者だったら?

 

私なら「一緒に治していこう」と言ってもらいたい。

 

人生変わります。

 

たった爪一本で・・・

 

わたしは何でもいいのでその方にとって少しでも+になる

 

関わりがしたい。

 

それが『仕事(私のできること)』だと思っています。

 

 

この陥入爪・巻き爪・の肉芽は

 

方法を間違えなければ完治できます。

 

 

心の欝々もなくなり

 

生活が楽しく元気になります。

 

 

この陥入爪・巻き爪の肉芽の形成は

 

爪の切り方や靴が原因と言われますが

(ちなみに医療機関ではここにも触れません)

 

その前に大切なの『皮膚の質』です。

 

これは時々ブログでも話していますが

 

恐らくこのよろしくない皮膚の質は

 

今後(現代社会)で増えていくでしょう。

 

 

 

肉芽の方の施術を

 

こちらで切ったり貼ったりするわけではありません。

 

まず現状を正しくご自身で(←これ大事!)理解していただき

 

こうなっている原因を紐解き

 

そして一緒に治していく。

 

自分で治していく。

 

 

これを理解して下さるドクターが

 

岡崎にいらっしゃるワシミ分院の元山先生です。

 

 

元山先生とお客様と私の3人でケアしていきます。

 

 

 

ですので『医療』は元山先生、そのフォローはサロンで。

 

そして日々管理、これはお客様と私。

 

これがきちんとできた時には完治します。

 

 

長くなりました(^’^)

 

ですので、肉芽の部屋をご覧いただきたい方は

 

パスワードをお伝えしますので

 

フルネーム・ご連絡先・何故興味があるのか?

 

をお伝え下さい。

 

申し訳ありませんが最近多い

 

誹謗中傷に時間を割いている暇はありません(^’^)

 

決して多くの方にむやみに回覧できるものでは

 

有りませんが、何処にも相談できずに

 

陥入爪・巻き爪の肉芽でお困りの方が

 

沢山いらっしゃると思います。

 

 

何処からでもアクセスできる時代ですので

 

お困りの方がありましたらご相談下さい。

 

 

そして医療関係の皆様

 

ご意見等ございましたらそちらまでお伺いしますので

 

ご連絡先等教えていただければ幸いです。

 

 

長谷川 千芳

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

陥入爪の肉芽は『ワシミ整形外科羽根分院』さんへ。

本日は、陥入爪の肉芽治療で

 

お客様に同行してこちらにきました。

 

 

 

 

 

 

今までは西尾市の山尾整形さんでしたが、

 

お世話になっている元山先生が

 

こちらの方に院長先生としてお引越し。

 

 

 

これからはここ、ワシミ整形外科さんにご紹介、同行いたします。

 

 

 

 

 

 

 

院内素敵ですね♪

 

 

心療内科もこういった感じがいいなぁ〜

 

 

 

肉芽陥入爪は必ず治ります。

 

 

いろんな病院に行かれて

 

それでも治らない方

 

是非ご相談ください。

 

 

本日の肉芽陥入爪の様子は、『肉芽の部屋』で。

 

 

 

 

 

 

 

 

PayPay使えます♪

大変お待たせいたしました。

 

 

やってみたら

 

意外と簡単でした(^’^)

 

 

本日のお客様

 

PayPayのお支払いで3等賞!

 

還元を受けていましたね~~

 

 

そんなPayPay祭りも

 

もう終わるのかな??

 

 

 

現金でもらっていた時代が懐かしい(^’^)

 

 

年末年始休業のお知らせ☆

あっという間に一年が過ぎようとしております。

 

年内12月30日(水)

16時まで営業(受付16時まで)

 

年始は2021年1月3日(日)

10時より営業いたします。

 

 

お客様が前後重なる時間がないように

 

余裕を持ってご予約を受けております。

 

 

ご予約はメールフォームかお電話で☆

 

施術中はお電話に出られないことがあります。

 

 

今年も残り6週間

 

よろしくお願いいたします♪

 

 

 

 

 

痛いところを切ってしまったら・・

「痛くて切ってしまいました(^’^)」

 

というメール相談でした。

 

 

爪が沈み込んでいます。

 

 

 

 

皮膚もぷっくりしていたので

 

触るのも痛かったのですが

 

これを放置すればもっと痛くなり

 

大変なことになりますので

 

少し我慢をしていただき

 

爪を引っ張り上げながら補正しました。

 

 

 

 

 

 

靴の履き方は勿論、

 

補正中にしっかり指を着いて

 

力いっぱい歩きましょう☆

 

 

 

それが一番の近道です♪

スクワットで予防を☆

お客様より先日、

 

「自宅の階段から転げ落ちた」

 

と聞きました。

 

 

それもずり落ちとかではなく前転。

 

おむすびころりん状態だったそうです(^’^)

 

 

いろいろ擦り傷はあったものの

 

骨折はなし。

 

打撲のあったところは

 

以前私がお伝えしてしているアイシングを

 

直ぐに行ったとのこと。

 

 

なんと84歳。

 

 

一週間に一回のトレーニングに加えて

 

自宅でも宿題の腕立て伏せを

 

毎日行ってもらってます。

 

 

どんなに気をつけていても

 

転ぶときは転びますし

 

起こる時は起こるもの。

 

 

「危ないから」とじっとしているよりも

 

起こった時に対処できる体を造っておく。

 

 

 

施設勤めの介護士時代から

 

その考えは変わっておりません。

 

 

というわけで、

 

月に一回、第一土曜日に行っているスクワットグループレッスン。

 

来月は10月3日の10時~

 

費用は1500円。

 

残り1名様です(^_-)-☆

 

 

▲TOPへ