足・爪のこと

巻き爪補正

 

爪の水虫と言われて、

 

ずっとお薬を塗っていたそうです。

 

 

巻き爪で足指が浮いていると、

 

更に爪は巻き、

 

その空間を埋めようと、

 

爪と皮膚との間にある角質が

 

発達してきます。

 

 

いらない部分は削りながら、

 

オイルで皮膚を柔らかくし、

 

爪を補正していきます。

 

 

 

 

ご自身でできることは、

 

足指を使えるようにすること。

 

 

沢山方法がありますね^^

 

自宅ケア

 

ワイヤーで巻き爪補正をされていたそうです。

 

「爪が傷んでしまって・・・」

 

というお悩みでご来店されました。

 

 

 

 

 

 

もしかしたら、

 

もともと補正をしなくても

 

よかった爪かもしれませんね。

 

 

 

 

ご自宅で、NFPオイルケアです。

 

 

これで、爪の長さを短く保っておくと

 

根元にストレスがかからず、

 

もっとキレイになっていくと思います。

 

 

是非夏前に、爪の点検を^^

爪先の違和感

 

爪先の違和感や痛み。

 

そこから始まるのが陥入爪。

 

 

 

 

「急にこうなった」

 

そうおっしゃる方が多いです。

 

 

今まで、痛くなる前に爪を切っていたから。

 

それがだんだん奥へ奥へと・・・

 

 

一日で悪化するものは、

 

ほとんど靴の圧迫といってよいでしょう。

 

 

状態によっては、

 

施術をお断りする場合もあります。

 

 

ただ、何故そうなるのか。

 

ご自身でできる事は何か。

 

 

それは十分にご提案できますので、

 

まずはカウンセリングへお越し下さいませ。

 

 

 

足のタコ・角質

 

 

知人の足。

 

 

 

 

ヒールは履きません。

 

運動靴とクロックス(^-^;

 

 

本来、削らなくても

 

環境を変えれば無くなる物。

 

 

がらりと変えれば、変化は早いです。

 

 

 

人間、痛みが出ないと気づかないもの。

 

 

痛みはサイン。

 

 

生活を見直すサインでもあります。

 

 

まずはお電話を^^

 

 

 

 

※施術中は電話に出られない場合もございます。

着信には後程おかけ直しいたします。

あらかじめご了承くださいませ。

 

 

 

 

 

ジェルネイルトラブル

 

長年にわたり

ジェルネイルをしていたそうです。

 

 

 

 

削っては付けて・・・と

 

繰返しているうちに、

 

爪はだんだん薄くなり、

 

爪の層が崩れてきます。

 

 

他の爪も、ピンク色ということは、

 

爪が随分うすくなり、下の毛細血管が

 

透けて見えているということです。

 

 

 

薄くなった爪には、

 

体重をかけることができません。

 

 

腰痛や肩こりは、

 

実は高齢者より、20代、30代の方が

 

多いとも言われています。

 

 

 

ジェルネイル、

 

ちょっとお休みしてみては?

 

 

 

 

 

 

ぺディグラスの巻き爪補正

これから足を出す季節。

 

 

巻き爪補正中も

 

サンダル履けます☆

 

 

 

 

補正器具が付いていても

 

目立ちません。

 

 

 

 

 

あとはオイルをしっかり塗って

 

乾燥を防いで下さいね(^^♪

足のトラブル

 

皮膚科で何度か削っていたそうです。

 

 

 

 

魚の目と言われたり、イボと言われたり・・・

 

漢方を飲んだり、お薬を塗ったり・・・

 

 

「自分で削りなさい」

 

と言われ、削る道具を

 

皮膚科で購入したこともあったそうです。

 

 

 

 

痛みや異物があると、

 

そこだけに視点を合わせてしまいがちです。

 

 

 

でも本当はいろんなことが絡み合って

 

今の状況になっていることが多いです。

 

 

靴だったり、靴下だったり、働いている環境だったり・・

正直いろいろです(^’^)

 

 

 

皮膚科での治療と同時に

 

足の環境も整えていくと、

 

早く改善できると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

爪育経過・陥入爪から脱出☆

 

手の爪は、多少深く切っても

 

靴のような圧迫もありませんし、

 

毎日使っていますので、

 

大事にはいたらないと思います。

 

 

が、

 

 

足の爪はそうではありません。

 

 

 

 

 

実はこちらの爪の

ご相談でいらっしゃったのではなく、

 

反対の右足指の痛みでご来店。

 

 

だいたい同じような切り方をしていますので、

両方見せていただいたところ陥入爪(^-^;

 

 

 

補正せず、オイルケアで三ヶ月。

 

 

 

 

 

かなり沈み込んでいましたが・・・

 

 

 

 

並べてみると、ピンクい爪の部分が

増えています。

 

 

爪があることによって、爪先まで体重が乗り

体が安定することは、想像できます。

 

 

 

 

皆さま、大事にいたるまえに

 

カウンセリングにお越しくださいませ(^-^;

 

 

 

 

 

 

 

 

小指の魚の目

 

女性に多い小指の魚の目やタコ。

 

(男性もあります。)

 

 

足のサイズを測ると、

 

実際より、小さい靴を

履いていらっしゃる方が多いようです。

 

 

靴の中で、小指が折れ曲がり隠れます。

 

 

 

 

内反小趾ですね。

 

 

指だけの問題ではないのですが、

 

まずは靴のサイズを見直して

 

毎日足をリセットするようお伝えしています。

 

 

おススメはCSソックス。

 

CSソックスを、日中履けない方も、

 

帰宅後や出勤前に、スリッパがわりとして

 

履いていただいています。

 

 

 

やはり、長く使おうと思ったら、

 

メンテナンス、必要ですね^^

 

 

 

 

 

 

 

 

男性の角質ケア

 

魚の目・タコ・踵の角質は

 

女性だけではありません。

 

 

 

 

つい触ってしまい、気になるそうです。

 

 

 

 

当店は、一般のネイルサロンとはことなり、

 

快適に歩ける足爪、足づくりのお手伝い。

 

そして、予防を提案いたします。

 

 

最近よく聞く

 

「もっと早く来ればよかった・・・」

 

 

カウンセリングは500円いただいております。

 

皆さん結構、お話しをして帰られます^^

 

 

そして、わたくしもしゃべくります(^’^)

 

 

 

 

 

 

▲TOPへ