足・爪のこと

魚の目・タコ・水虫・イボ 番外編

イボの番外編。

 

これが一番厄介な角質です。

 

 

 

 

一般的な皮膚科では「魚の目」と

 

判断されることが非常に多いです。

 

 

ですので、スピル膏(サリチル酸)などの

 

シールで貼ってほじくる。というのは

 

どんどん角質の部分が大きくなっていく可能性が大。

 

 

『芯まで取れていないから』

 

なのではなく、

 

『ウイルスだから』

 

とわたしは考えます。

 

 

ポロリと取れた。と言う話時々聞きますが、

 

これは足の環境が良くなった。

 

免疫力がアップした。

 

ラッキーだった。

 

おそらくこれに当てはまるのだと思います。

 

 

実際に、こちらでご紹介している皮膚科で

 

他では「魚の目」といわれていたものを

 

イボ治療していただいたところ、

 

「痛みがなくなった。」

 

「小さくなってきた。」

 

とお客様からご連絡いただいています。

 

 

と、その前に

 

CSソックスとシューズの併用は必須ですけどね(^_-)-☆

 

 

 

 

 

 

爪ケア

 

最初は爪先の痛みでご来店されました。

 

皮膚科に行ったら、

 

「専門の所へ行くように・・」

 

と言われたそうです。

 

切ったり、抜いたりしない

 

良いお医者さんでした(^’^)

 

 

 

 

 

こういった爪の方の場合、

 

小さめの靴を履いている方が多いです。

 

それも長期にわたり・・・

 

ずーーーっと圧迫されていた爪は

 

爪母の所までストレスがかかり、

 

爪にシミのようなものも出てきます。

 

(これも真っ黒くなって来たら要注意)

 

 

CSソックスと、それに合ったサイズの靴を

 

履いていただきます。

 

勿論、紐は一回一回!(くどいようですが・・・)

 

 

 

自宅ではオイルケア。

 

時間をかけて改善していきます。

 

まだまだこれから使う足ですから♪

 

ぺディグラスの巻き爪補正

 

痛みがあってご来店されました。

 

 

深爪気味ですね。

 

気味というか深爪です(^’^)

 

 

 

靴に当たると痛いので、

 

切り込んでしまうのでしょう。

 

それが習慣になっているご様子。

 

 

正しい位置まで伸ばす為に、

 

爪を引き上げながら形を作っていきます。

 

 

 

 

補正器具が付いているのがわからない。

 

ぺディグラスの巻き爪補正のメリットです。

 

 

ストッキングが履けます。

 

引っかかりもありません。

 

日常生活に支障ありません。

 

痛みもなくなり、

 

補正器具を付けていることを忘れてしまいます。

 

 

そして、一ヶ月後のご予約も忘れてしまいます(^-^;

 

 

良いことですけどね^^

 

 

 

※補正器具は一ヶ月に一回の交換が目安です。

途中で終了される方は、

必ずぺディグラス巻き爪補正施術者に

補正器具を外していただいて下さいね~♪

 

 

 

 

 

魚の目・タコ・水虫・イボ 其の④

通称イボ。

 

イボ=尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)

 

といいます。

 

皮膚の人乳頭腫ウイルス(ヒトニュウトウシュ)

 

の感染で生じます。

 

 

ウイルスということは、「うつる」ということですね。

 

 

フットケアに携る人であれば、当然習っています。

 

 

 

 

 

一般的なのはこんな感じです。

 

角質の部分に赤黒く点々と見えるのは出血点で、

 

ウイルスはそこから栄養をもらっており、

 

触れば大きくなりますし、

 

血管で繋がっているので、それを放置すると

 

他の箇所にもできることがあります。

 

 

隆起していると圧痛があるので、

 

これを魚の目だと思って、ご来店される方が多いですね。

 

 

この場合こちらでは触らず、

 

皮膚科受診をおススメしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

魚の目・タコ・水虫・イボ 其の③

 

通称『水虫』

 

真菌(カビ)ですね。

 

 

水虫というと、痒くてジュクジュクして・・・

 

というイメージですが、

 

カサカサの物もあれば痒くないものもあります。

 

(わたしが思うに、

痒みを伴わない方が多いような気がしますが・・)

 

 

 

ところで

 

踵のガサガサや厚くなった角質。

 

 

 

 

削ればなくなりそうですが、

 

このような飴色のもの。

 

私は何らかの菌が繁殖しているように思います。

 

 

=『白癬菌』というわけではないですが、

 

何かカビか細菌の一種でしょうか?

 

思います。というのは、見た目では分からないからです。

 

診断もできません。

 

 

削れば削るほど、増殖していきます。

 

それは皮膚のバリアを壊すから。

 

 

 

診断は皮膚科で(^’^)

 

 

このようになる方の足のタイプは

 

とてもよく似ています。

 

 

足の汗と冷え。革靴。ナイロン靴下。

 

などなど。

 

そして、皮膚科受診をお薦めしても、

 

行かれない方が多いのですね。

 

 

わたくしが提案できること。

 

CSソックスを一日3回交換。

 

靴は3~5足用意し、毎日ローテーション。

 

汗の吸収がよい中敷き(勿論毎日交換)。

 

自炊。(お食事大事!)

 

 

簡単にまずはここからです^^

 

 

 

 

 

魚の目・タコ・水虫・イボ 其の②

タコです。

 

靴との摩擦によってできる角質です。

 

足と靴下の間でも摩擦はおこっています。

 

 

 

 

魚の目が『点』で圧がかかるのに対し、

タコは『面』で圧がかかっていることが多いです。

 

 

摩擦が起こる。

皮膚が、熱い!と感じる。

「危ないから、ちょっと厚みつけとこかな~」

と皮膚さん。

 

=タコさん。

 

 

ナイロンのチューブソックスや、ストッキング。

 

紐をしていない靴で足がゴソゴソ動き、

 

摩擦は更に大きくなります。

 

 

足は必要であって角質を作っているので、

 

削るのであれば軽く。

 

こちらもまずは足の環境整備ですね^^

 

 

 

 

魚の目・タコ・水虫・イボ 其の①

魚の目。

 

長時間、一箇所に圧がかかるとできる角質です。

 

足の小指の上にできる方が多いようです。

 

骨の出っ張ったところが

 

靴や隣の指の関節に当たり、

 

いつも同じ指のポジションで

 

圧がかかりっぱなしになるとできます。

 

 

 

 

外に出っ張った角質が押されて

 

奥へ奥へと(いわゆる芯?)いくため

 

神経を触る加減なのか痛みが出てきます。

 

 

わたしのおススメ改善方法。

 

指のあたる靴を履かない。

指を伸ばす。

同じ靴を履かない。

 

 

削ると同時に、足の環境も変えていただくと

 

良いですね♪

 

 

 

 

 

 

 

 

巻き爪補正中

 

巻き爪補正中にしていただきたいこと。

 

 

 

 

 

しなる爪づくりは

 

NFPオイルを使います。

 

 

爪を引き上げでいますので

 

下からも押し上げていただきたい!

 

それが歩くこと。

 

 

足の親指で地面を蹴り出すには

 

指が自由に動く環境が必要です。

 

CSソックスと、

 

それに合ったサイズのシューズ。

 

 

あ、シューズはもちろん紐靴で・・・(^’^)

 

黄色い爪

 

いろいろな黄色い爪がありますが、

 

こちらのお客様は、

 

ソックスを重ねて履く「冷えとり」の

 

汗で傷んだであろう爪です。

 

 

今年の2月。

 

 

 

 

 

そして今日

 

 

 

 

 

先端までもう少しです♪

 

 

 

 

陥入爪(かんにゅうそう)の補正

巻き爪も陥入爪も

 

良くない習慣を続けていると

 

どんどん悪化していきます。

 

 

 

 

画像ではちょっと端を切っているように見えますが

 

それは皮膚に埋もれているだけであって

 

その端っこというのは

 

かなりかなり深いところです。

 

 

 

 

 

この端っこを引っ張りだすのが、

 

結構大変でして・・・

 

爪の下にコットンをかませました。

 

 

この爪の端っこに補正器具を装着して

 

伸びてくるように誘導します。

 

 

この深爪、陥入爪の終末は触れなくなります(^-^;

 

 

 

ですので深爪の皆様、

 

「自分は大丈夫かな?」

 

と不安に思ったら、

 

一日でも早くご来店下さいませ。

 

 

脅しではございません(^’^)

 

 

▲TOPへ