足・爪のこと

子供の爪と足

魚の目・タコ、外反母趾等のトラブルを

 

「歩き方が悪い」とおっしゃる方が

 

時々いらっしゃいます。

 

 

が、そのトラブルのもとの原因は

 

そもそも『靴』にあると思っています。

 

 

「生まれつき小指が回転していて・・・」

 

こちらも靴です。

 

 

幼いころに履いていた(履かされていた)靴が

 

その方の歩き方や足を作るのではないかと。

 

 

 

タコのご相談でいらっしゃった20代女性。

 

陥入爪でもあったので

 

これがいつからなのか想像できます。

 

 

学生の頃、6年間履いていたローファーで

 

形作られました。

 

 

靴が痛いからと

 

学校に申し出たこともあったそうですが・・・

 

 

悲しいことです。

 

 

規則も必要なのですが

 

これが始まりで

 

未だにトラブルに悩まされる成人の方もいらっしゃいます。

 

 

子供にそんな知恵はないので

 

守ってあげられるのは

 

親御さんだけでしょう。

 

 

まだまだ足や靴の重要性を感じていらっしゃらない方が多いです。

 

 

そして爪も・・・

 

 

昔とはどんどん環境が違ってきていますので

 

自分の身体に必要なことは

 

学んでいきたいものです。

 

 

 

 

 

 

皮膚を整える必要性。

こんなちっちゃな傷で

 

激痛でした。

 

 

 

 

足ってとても敏感にできていますね。

 

こんな末端なのに・・・

 

末端だから??

 

 

爪先なんて

 

心臓から一番遠いところにあるから

 

血流も悪くなるし

 

傷になったら治りにくい。

 

 

だから、ちっちゃな傷にも

 

早く気が付いてもらえるように

 

痛みを起こすのでしょうかね(^’^)

 

 

 

 

「お薬を塗って一週間様子を見ましょう」

 

と言われてから

 

「様子を見ていていいものだろうか?」

 

というご自身の判断からご来店。

 

 

 

 

卒業です。

 

 

後はセルフケアですね。

 

これ大事!

 

 

前後の皮膚の状態を見ておわかりだとおもいますが

 

こうした傷のできる皮膚というのは

 

とてもよく似ています。

 

 

日々のセルフケアで

 

予防していきましょう☆

 

変形した爪

爪や周りの皮膚に

 

ダメージが与えられると

 

何年も経ってから

 

爪が変形してくることがあります。

 

 

 

 

爪の変形は

 

直ぐには起こりません。

 

 

ですので

 

「いつかは生えてくる」

 

という意識でそのままになってしまい

 

年月だけが過ぎていきます。

 

 

 

 

 

爪が

 

「私ってどのように生えていたのかしら??」

 

と、考えているかどうかはわかりませんが

 

 

「こんな感じではないですか?」

 

と伝わるように

 

補正をしていきます。

 

 

あくまでも

 

わたしの妄想ですけど(^’^)

 

高齢者の爪ケアの重要性。

 

加齢と共に増加する『爪白癬』。

 

 

高齢になると免疫力が弱くなる以外に

 

新陳代謝の低下という理由もあるでしょう。

 

 

そうなることによって

 

いろんなものが滞ってきます。

 

 

 

 

爪もこうなってしまうと

 

靴も履けない。

 

履いても痛い。

 

歩くだけで痛い。等々・・・

 

 

実は

 

爪のトラブルから

 

歩行障害が起きてる場合が意外と多いのです。

 

 

 

 

初回のご来店から2年が経過しました。

 

 

季節ごと、年に3~4回でしょうか。

 

息子様とご一緒にご来店されます。

 

 

こうした爪の定期チェックは

 

これからとても重要になってきます。

 

 

高齢の方は

 

毎月ご来店の必要はありません。

 

ご家族も大変です。

 

 

 

1年に一回でも二回でも・・・

 

歩ける間に是非一度ご利用下さい☆

爪の修復のにはNFPオイル♪

爪がスムーズに生えてこなくなってから

 

市販の爪ケア商品を使っていたそうです。

 

 

 

 

世の中には

 

天然・無添加・オーガニック等々

 

聞こえのいい商品は沢山ありますが

 

これらの製品

 

なかなかのトリックがありますので

 

本当に良いものかどうか

 

安心して使えるものか?

 

個人が勉強していくしかないと思っています。

 

 

 

 

 

そもそも皮膚は(爪も皮膚)

 

お肌に良くないものは

 

(特殊な技術を使わない限り)

 

入れない仕組みになっていますので

 

染み込む~染み込む~

 

とうたわれていても、染み込みません(^’^)

 

 

どうせ使うのであれば

 

是非とも結果のでる物選びを・・・(^_-)-☆

 

 

 

 

 

爪周囲のキズと痛み

 

電話でのご相談でした。

 

 

「爪が痛くて病院に行ったらお薬を出されて・・

 

1週間様子を見ましょうと言われたのですが・・

 

 

まだ痛くて・・このままでいいのかと・・・」

 

 

 

 

時間外で来ていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お薬を塗ってから2〜3日。

 

 

変化がないとのことで

 

 

心配でご連絡いただいたようです。

 

 

 

 

こうなる方の皮膚の特徴がありますので

 

 

しっかりカウンセリングをして

 

 

状況を把握いただいてから対応します。

 

 

 

 

 

 

爪のカットはせず

 

皮膚を離し

 

ワイプ(ペーパー)を挟んで

 

少し硬めて爪の代わりを作りました。

 

 

 

まずは、これで2日間様子観察です。

内出血は放置しない!

「長時間歩いたら・・・」

 

 

痛いのを我慢して歩いていたところ

 

内出血を起こしてしまったようです。

 

 

 

 

 

これくらい放っておけばまた生えてくる?

 

と思いがちです。

 

これくらいひどい内出血ですと

 

途中で爪が抜け落ちた後、

 

その後に問題が起こります。

 

 

『あれからなかなか爪が前に伸びないんですけど・・・』

 

そのようなご相談がよくあります。

 

 

原因は

 

爪が取れてむき出しになった皮膚の乾燥。

 

 

こちらのお客様は

 

以前から定期的に爪を見せていただいていたので

 

すぐ対応することができました。

 

 

 

 

毎月通っていただく必要はありません。

 

爪の構造と特性を知っていただき

 

きちんとケアすることで

 

綺麗な爪に戻ることができます。

 

放置は厳禁です(^’^)

爪の変形と爪水虫

分厚い爪になる原因の一つに

 

『爪水虫』というものがあります。

 

 

白癬菌(はくせんきん)はケラチンが大好物。

 

足の爪は彼らにとって

 

とっても住み心地のよい場所なのでしょう。

 

ご飯も食べ放題ですからね(^’^)

 

 

 

 

 

検査をせずには言えませんが

 

もしそうだとすると原因はあったはず。

 

 

 

 

 

いつもいう足の皮ムケ。

 

趾間だけではありません。

 

 

どんなに気を付けていても

 

なる時にはなる。

 

 

きっとご自身の健康状態や

 

免疫力にも関係していますから。

 

 

ですので是非観察する習慣を☆

 

 

 

 

重いものが足指に落ちてから・・・

足指が重いものに引かれたそうです。

 

爪が損傷し、それから変形が始まりました。

 

 

 

 

爪の根元には

 

爪を構成する『爪母』という場所があります。

 

いわば爪の工場。

 

 

こちらでプログラムされて

 

正常な爪が出てきます。

 

 

その工場に

 

どれほどのダメージがあったのかは不明ですが

 

このまま放置していては

 

爪の変形を助長してしまいます。

 

 

 

爪の中にできた硬い角質をお掃除して

 

爪を押し込むように補正しました。

 

 

あとはNFPオイルで細胞に働きかけ

 

根元の爪がどれくらい育ってくるのか・・・

 

 

これまた楽しみです☆

 

 

 

足裏の皮向け其の③

梅雨の真っ只中。

 

靴や安全靴、ナイロン靴下で

 

足はムレムレ状態です。

 

 

 

 

 

なかなかのものです。

 

 

お薬を塗っていてこの状態。

 

変化がないのに

 

同じ薬を出すのも??ですが

 

ここは皆さんご自身で考えていきましょう(^’^)

 

 

もう全て他人任せの時代は終わりです。

 

 

 

 

足の洗い方と石鹸を変えました。

 

 

自分の身体は自分で管理していく習慣を☆

 

 

個人が自立した生活を送って行く為には

 

とても重要な『予防』という意識です。

 

 

 

超高齢化社会に備えて・・・ですね(^^♪

 

 

▲TOPへ