足・爪のこと

分厚い爪~治癒力~

「このオイル、凄いですね!」

 

と、セルフケアの結果を

 

見せていただきました。

 

 

自分だけだと思っていた分厚い爪。

 

 

 

 

爪のお写真掲載もNGでしたが

 

綺麗になっていく爪を見て

 

「他の方のお役に立てるなら

使って下さい。」

 

と。

 

ありがとうございます!!

 

 

2回目のご来店ケア後

 

 

 

NFPオイルにCSソックス。

 

そして今回CSシューズ。

 

「足の指が地に着いて歩いているのがわかる」

 

とも言っていただきました。

 

 

実際、記事を見て

 

「私だけでない。何か方法があるかも・・」

 

とご連絡下さる方もいらっしゃいます。

 

 

 

ご本人次第で結果も変わります♪

 

 

千里の道も一歩から^^

 

ですね^^

爪の修復経過

「爪が分厚くなって伸びない」

 

というご相談でした。

 

 

他店で施術をしたところ

 

アクリルの疑似爪を作って

 

前に伸ばすという方法。

 

 

 

 

私も過去にはしていましたが

 

爪を見ていくうちに

 

あれこれやり過ぎない方が

 

自然治癒力というのでしょうか?

 

 

それを妨げないようにすることが

 

結果、爪が育っていくのではないかと。

 

 

伸びているのか?伸びていないのか?は

 

やはり気になるところ。

 

 

 

アクリルを取り除き

 

靴下・靴・オイルで

 

やっと新しい爪が顔を出しました(^^♪

 

 

「待つ」ということも

 

必要な時があります。

 

ご自身の体を信じて・・・

 

 

「私は大丈夫!」

 

これはいろんな場面で

 

使える言葉です♬

 

 

男性の巻き爪

今までは深く切っていたそうですが

 

足つぼの先生に教えていただき

 

爪を伸ばしてみたそうです。

 

 

 

 

今までは痛いから

 

切ってしまっていたのですね。

 

 

男性はこういった深爪から

 

重症化していく方が多いです。

 

 

 

 

 

本来の爪の角度へ・・・

 

 

これで足指にしっかり

 

体重をかけることができます。

 

 

 

ご本人もその違いに気付いて下さったので

 

きっと早く改善できるでしょう♫

妊婦さんの巻き爪

多少巻いていても普段痛くない巻き爪。

 

何故か妊婦さんになると

 

痛みが増してくる。

 

 

敏感になるのかな?

 

 

 

いえいえ、

 

体重増えてませんか?

 

 

 

体も多少なりとも大きくなり

 

その分の体重も増えます。

 

 

足の指もぷっくり。

 

 

 

 

こういう時に爪先をぶつけ

 

爪の角を落としてしまった・・・

 

巻き爪あるあるです。

 

 

 

このままでは傷になりそうでしたので

 

一度補正士て引き上げることにしました。

 

 

痛みがあってのご来店でしたので

 

ご本人も

 

「陣痛と巻き爪ダブルの痛みは

 

勘弁してほしいわ~

 

これでお産に集中できる!!」

 

とお帰りになりました^^

 

 

赤ちゃんが無事に誕生することを

 

願っております(^^♪

 

 

 

CSシューズ作成

 

お気に入りがお客様の目に留まり、

 

 

 

お嫁に行くことになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わたしの一番好きなシューズ^ ^

 

 

 

 

 

 

 

これからの時期、とても暖かい。

 

 

(夏はお休み(^^;)

 

 

 

 

 

今からインソール作成です♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

爪の棘(とげ)

 

巻き爪や陥入爪(かんにゅうそう)など

 

爪にトラブルのある方は

 

爪の切り方が重要です。

 

 

よくある爪の切り方で

 

棘(とげ)が残ってしまうことがあります。

 

 

一般にはこういった切り方が

 

非常に多いです。

 

 

 

 

この引き出しているものが

 

爪の棘と言われています。

 

 

巻き爪や陥入爪の方で

 

切っても2週間もすると痛くなるのは

 

これが残っているから。

 

 

ここがまた皮膚に食い込みます。

 

 

本当はここまで切ってはいけないのですけどね(^’^)

 

 

ご心配の方、

 

一度カウンセリングに

 

お越しくださいませ☆

高齢者の巻き爪

高齢になればなるほど

 

巻き爪のリスクは大きくなります。

 

 

 

 

サイズの合わない靴。

 

紐をしない。

 

歩かない・ちょこちょこ歩き。

 

爪の乾燥などなど。

 

 

 

この年代の方の爪先の痛みは

 

更に歩行を困難にしますので

 

改善の難しい方は

 

痛みがある時だけ補正をします。

 

 

 

 

 

本当はカットとオイル、

 

そして靴で痛みは無くなると思うのですが(-_-)

 

 

なるべく早いうちから

 

セルフケアの習慣を☆

 

 

 

 

巻き爪より多い爪のトラブルとは?

 

足の爪のトラブルといえば巻き爪や陥入爪。

 

これは皮膚科に行ったり、形成外科に行ったり

(施術がどうかは別として)

 

なんとなく

 

どこで診てもらったらいいのかわかりますが

 

結構お悩みのおおい爪のトラブルが

 

こちらです。

 

 

 

 

皆さん

 

「私だけと思っていた」

 

そうおっしゃいます。

 

 

メールカウンセリング第一位です。

 

 

いろいろ軽度、重度と度合いがありますが

 

まずは靴と履き方。

 

 

 

全ての爪が上から見えてない状態。

 

靴のサイズが合っていないですね。

 

 

ちなみに靴とは

 

私たちは紐靴のことを指してまして

 

紐のない履物を「靴」とは言いませんので(^’^)

 

 

厳しいようですが

 

できる限り早く知っておいた方が

 

将来お困りにならないかと。

 

 

「私の爪は普通?」

 

そんな疑問を持たれた方は

 

まずはメールカウンセリングから

 

お気軽にご相談下さいませ♪

 

子供の爪切りの重要性

大人になってから

 

爪のトラブルで来られる方の中に

 

「小さい時から・・」

 

「学生の時に・・」

 

とよく聞きます。

 

 

とくに陥入爪です。

 

 

 

 

主な原因は靴です。

 

サイズの合わない靴。

 

勿論履き方もありますが

 

サイズは最低でも

 

半年で見直す必要があります。

 

 

「当たって痛いから切ってしまう」

 

切れば痛みは無くなりますが

 

2週間もすればまた痛くなります。

 

 

切れば痛みがなくなるので

 

それが「正しかったのだ」と

 

勘違いします。

 

 

これは大人でも同じです。

 

 

お子さんの爪

 

時々見て下さい。

 

 

特にスポーツをやっていらっしゃるお子様

 

要注意です。

 

 

子供は我慢強いです。

 

以前、学生の頃から30年以上も

 

親指が腫れたまま

 

病院にも何度も行ったけど・・・

 

という40代のお客様が来られましたが

 

流石に手が出ませんでした。

 

 

もっと早くに・・と

 

いつも思います。

 

こちらでできない施術もありますが

 

まずはご相談いただけたら嬉しいです。

 

 

分厚い爪を何年も放置していませんか?

 

 

「放っておけば生えてくると思っていた」

 

「自然に治ると思ってた」

 

よく言われる言葉です。

 

 

 

そして何年もの月日が過ぎ

 

「これはこのままではいけないかもしれない」

 

そう思って

 

「いったいどこへ行けばいいんだろう?」

 

それから検索。

 

 

見つからないまま月日が流れ・・・・

 

 

そしてやっと来られた時にはこの状態。

 

 

 

 

 

皆さん同じです。

 

痛みがないので

 

後回しになってしまうのもあります。

 

 

ではどのタイミングでカウンセリングを

 

受ければいいのでしょう。

 

 

それは

 

「他の足指の爪とは違ってきた」

 

です。

 

 

これが一つの目安です。

 

 

 

 

少し厚みを取るだけでも

 

痛みが緩和します。

 

そして徐々に短くしていきます。

 

 

 

メールカウンセリングのお客様も

 

沢山いらっしゃいます。

 

 

まずはご相談を。

 

 

元気な足づくりを目指して♫

 

 

▲TOPへ