足・爪のこと

陥入爪卒業

 

 

沈んでいる爪を引っ張り上げて

 

補正しました。

 

 

 

 

 

お医者さんでは麻酔をして切られ、

 

その切り方が正しいものだと思い

 

切っていたようです。

 

 

今日補正器を外して終わりました。

 

 

 

 

再発防止にも

 

3ヵ月~6ヶ月に一回の爪のチェックは

 

おススメです☆

皮膚が『整う』ということ。

 

先月痛みがあってご来店されました。

 

 

 

 

今までにも何度か同じことが

 

起こっていたようです。

 

 

皮膚がめくれているということは、

 

傷があったということ。

 

 

巻き爪でも補正はせず

 

カットとNFPオイルで一ヶ月。

 

 

 

 

ふやけていた皮膚が蘇りました。

 

この状態の皮膚を保っていただくと、

 

たとえ爪が多少当たったとしても、

 

傷にはなりにくいと思います。

 

 

(当たらない方がいいのですが

 

履物によって仕方のないこともあります(^-^;)

 

 

 

爪で傷のできる皮膚は

 

なんとなく特徴があります。

 

 

目には見えない皮膚の上の常在菌。

 

 

これがメスリ博士のオイルの特徴なのだと

 

別の製品でも実感しています♪

 

 

お喜びの声

皮膚科、病院を回られて、

 

ご来店されたお客様。

 

 

 

 

お医者さんでスピル膏を貼られ、

 

他の皮膚が傷ついていたので、

 

日にちが経ってからもう一度見せていただきました。

 

 

 

 

角質が痛いので、隆起しているところだけ削りました。

 

 

 

 

前回もお話しましたが、

 

わたしはこれをイボの一種だと区別しています。

 

 

普通の皮膚科に行けば、「魚の目」と診断されて、

 

削られ、貼られするものです。

 

 

 

はるかクリニックさんをご紹介しまして、

 

先生が『イボ』と診断してくださったおかげで、

 

先日お客様より、喜びのお電話をいただきました。

 

 

「だんだん小さくなって、痛みもなくなってきました!」

 

と。

 

 

嬉しい限りです。

 

 

勿論、CSソックスに靴紐は実施していただいています。

 

環境を変えたからこそ、

 

治療の効果もあるのだと思います。

 

 

正直このようなお客様が多くいらっしゃいます。

 

これからもっと増えていく足のトラブルだと

 

感じています。

 

 

 

 

 

 

爪水虫?

全てが、

 

『分厚い爪』=『爪水虫』

 

ではありません。

 

 

爪と皮膚の間に、

 

ゴソゴソと角質があると

 

そういわれがちですが、

 

これは皮膚科に行って

 

検査しなくてはわからないものです。

 

 

中の角質を削りながら、

 

巻き爪補正で爪を押し込んでいきます。

 

 

 

 

巻き爪が改善すると、

 

血流も良くなり、

 

皮膚の状態も変わってきます。

 

 

あとはCSソックス+CSシューズで

 

指の使える状態で歩いていただいています。

 

 

 

 

小さな指の巻き爪補正

 

親指以外の巻き爪補正も、

 

ぺディグラスのなせる業だと思います。

 

 

 

 

真ん中の指です。

 

 

 

 

2回の補正で終了予定。

 

 

 

先月傷のあった隣の指も、

 

オイルとカットで腫れがおさまり、

 

痛みも消失していました。

 

 

 

スニーカーにしてくださったご本人の

 

協力あっての巻き爪補正です。

巻き爪ケア

 

 

 

親指の巻き爪補正をしながら

 

他の指もオイルで爪育。

 

 

 

爪もたんぱく質。

 

お肌の調子がいいと、

 

なんとなく爪の調子もいいですね(^^♪

男性の外反母趾

 

今日は朝から夕方まで

 

一日中男性のお客様でした^^

 

 

「男の方も来られますか?」

 

とよく聞かれます。

 

 

フットケアサロンというと、

 

爪や角質から女性のイメージですが

 

男性も足に悩みやトラブルがあるのです。

 

 

外反母趾=ハイヒールと思われがちですが、

 

男性にもありますし、今や小学生の子供さんの外反母趾で

 

悩むお母様方もいらっしゃいます。

 

 

遺伝的なものもありますが、

 

外反母趾の方の足を見ていて、

 

あまりごつい足というか、体の大きな方には

 

少ないような気がします。

 

 

どちらかというと細身?

 

足の筋肉量も関係あるのかなとも思います。

 

 

これからもっと増えていくのかもしれませんね。

 

 

 

 

 

巻き爪補正

 

ご高齢の方の巻き爪。

 

 

 

 

 

皮膚科で麻酔をして補正をしていたそうです。

 

痛いですね(-_-;)

 

 

年を重ねると、皮膚も薄くなってきますので、

 

爪で皮膚を傷つける前に

 

補正をおすすめいたします。

 

 

補正の必要ない場合は、爪のカットとオイルで

 

様子をみます。

 

 

 

勿論爪のカット、靴の履き方など

 

ケアの方法もお伝えします。

 

 

 

できることはご自身で。

 

できないことだけをお手伝いしています。

 

 

 

陥入爪の補正 其の③

 

傷のあった陥入爪。

 

切り込んだ爪は巻いており、

 

引き上げたい白い部分はほぼほぼない状態。

 

 

ぺディグラスの巻き爪補正は、

 

その様な爪にも対応できる優れもの。

 

 

 

 

こんなプレートを使います。

 

このプレートで爪の上に出てきた皮膚を抑え込んで、

 

巻いている爪を引き上げながら、

 

「こんな風に生えて行ってね~」

 

という方向に爪を作っていきます。

 

 

 

少し爪を引き上げるだけで、

 

痛みはぐんと軽減します。

 

というか痛くなくなります(^-^;

 

 

素晴らしいぺディグラスの巻き爪補正!

陥入爪(かんにゅうそう)の補正 其の②

 

 

傷のできてしまった陥入爪。

 

圧迫しない靴を履くことは勿論、

 

爪の切り方にも注意が必要です。

 

 

何処が原因で痛みがあるのかを見みます。

 

以前ご自身でカットしたところに

 

段差が見えます。

 

 

 

 

工夫されてサイドの爪を切っていたことが

 

よくわかります。

 

 

ほんの少しの段差なのですね。

 

これを皮膚は「異物」と認識して

 

それに反応してしまいます。

 

肉芽も同様です。

 

 

靴の圧迫がなければ、何事もなかったかもしれませんが・・・

 

 

お医者さんはここをバッサリいきます(-_-;)

 

恐らくですが(^’^)

 

 

(そうでないお医者さんもいらっしゃいます。

 

最近お会いしたのでまた後日)

 

 

お客様の現状をお伝えして、

 

補正方法をご提案していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▲TOPへ