健康QOL

肺炎球菌ワクチン

 

先日ご来店されたお客様。

 

ワクチンを打った後、体調が悪くなり

 

咳が出て止まらなくなっと

 

おっしゃっていました。

 

 

そして別の方ですが、

 

肺炎でお休みしていたお客様が、

 

今日ご来店されました。

 

 

咳が止まらなく食欲もないと。

 

 

「肺炎ワクチン打ったのに・・・」

 

とおっしゃいました。

 

 

 

基本的に、肺炎になる方というのは、

 

それだけ免疫力が落ちているということ。

 

 

「肺炎でなくなる高齢者が多い」

 

「高齢者の死亡の原因は肺炎が多い」

 

と聞けば、あたかも肺炎=死と連想します。

 

 

それは逆で、亡くなるぐらいの体力しかないので

 

肺炎になったのです。

 

 

ワクチン云々よりも、

 

免疫力が0から100まであったとして、

 

ご自身の免疫力が

 

どのレベルのいるのかを

 

考えた方がよいと思います。

 

 

そうやって考えると、

 

打てば病気になる?

 

打たなくても肺炎になるレベルではない?

 

 

結局いらないんじゃない??

 

 

ってことになりますかね(^’^)

 

 

 

骨粗しょう症

多くの高齢の方が飲んでいるこのてのお薬。

 

薬剤師さんが

 

「止めてもいいお薬ベスト3」

 

に入っているお薬でもあります。

 

 

骨密度が低いといわれた。

骨粗しょう症。

それを防止するお薬。

骨折を防ぐ。

 

 

何故飲み始めるのか?

 

 

それは、

 

「骨折して寝たきりにならないため。」

 

これだと思うんですね。

 

 

そもそも「骨粗しょう症」の考え方が違いますし、

 

お薬を飲んで、

 

骨が丈夫になるわけでもないし

 

骨が折れないわけでもありません。

 

 

そもそも筋肉のない方が、

 

骨が丈夫になるわけがない。

 

 

こんなお話を踏まえながら、

 

明日は筋トレグループレッスン。

 

定員5名の満席です。

 

 

来月は5月11日(土)

10時~11時30分。

参加費1500円 です。

 

ご予約はお早めに~~♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分の為、家族の為に・・・

 

 

皮膚科や整形で魚の目の処置をされ、

 

それでも改善されずに痛みが増し、

 

ウォーキングもできなくなった

 

80代のお客様。

 

 

 

なんどもスピル膏を貼っては

 

処置をしていたようで

 

周りの皮膚も痛んでいます。

 

 

 

 

 

こちらは突出してとても痛そうです。

 

 

 

あれから二回目のご来店の今日。

 

CSソックスにシューズの紐、

 

オイルケアで・・・

 

 

 

 

ここまで変化があるとは

正直、驚きました。

 

なぜならばご高齢だから。

 

 

やはり、がらりと足の環境を変えると

 

年齢問わず変化があるのですね。

 

そしてご本人の

 

「痛みなく歩きたい!」

 

という熱心な思い。

 

わたしのお伝えすること、全てやってくださいました。

 

 

わたしが倒れては・・・という

 

介護をする奥様への思いもあるのかもしれません。

 

 

 

「自分はまだ大丈夫。」

 

と思っていませんか?

 

 

 

 

 

 

 

最高齢99歳!!

今年で

100歳になるお客様に

 

ご来店いただきました(^^♪

 

 

 

 

 

 

 

タコも皮膚から飛び出して、

 

随分痛かったと思います。

 

 

 

なんとこちらのおばあちゃま。

 

99歳というのに、

 

現役でお店に出ていらっしゃいます♪

 

お仕事しているのです。

 

 

役割があり、人と関わるということは

 

やっぱり必要なんだと

 

改めて思いました。

 

 

施術中、

 

「あ~~気持ちいい♪

 

こんなの生まれて初めて♪

 

極楽に行ってしまいそう・・・」

 

 

「まだ行かんといて下さいね~~~(^^♪」

 

 

そんな会話をしながら、

 

時間がゆっくり流れておりました^^

 

 

筋トレとタンパク質

当店は「健康フットサロン」で、

 

 

表向きは足のケアですが、

 

 

ご希望の方には筋トレ指導もしております。

 

 

 

 

介護現場でどうやって人がいる寝たきりになっていくのかをみてきて、

 

 

 

 

歩くだけではない、筋トレの必要性を常々感じております。

 

 

 

 

 

 

現在トレーニングには10名ほど通われていますが、

 

 

 

理由は様々です。

 

 

 

 

その中のお客様2名に、

 

当店オススメのタンパク質を同時にとっていただいたところ、

 

 

なんと・・・

 

 

 

 

 

(お客様の許可をいただきました〜^ ^)

 

 

 

スタートして2ヶ月です。

 

 

 

 

そして本日はCSソックスロングサイズを併用してトレーニング。

 

 

 

 

いつもブレていたスクワットが、バチっと決まり、

 

 

重量も回数もアップ

 

 

 

 

いや、素晴らしい!!の一言です。

 

 

 

 

脂質、糖質の摂取が増えている現代。

 

 

 

 

やっぱり要はタンパク質ですね^ ^

 

 

 

花粉症対策

 

今朝のラジオで

 

日本人の約4割が花粉症といっていました。

 

 

わたしもいつかはなるのでしょう。

 

 

そんな花粉症の方の特効薬!

 

といってもお薬ではありません(^’^)

 

 

スギ・ヒノキ・ブタクサ・イネ の

 

アレルゲンをキャッチするダチョウ抗体。

 

 

ミストになっていますので、

 

持ち歩いてシュッシュッとひと吹き。

 

 

サロンでも取り扱っております。

 

 

辛い辛い花粉症が、

 

少しでも楽になるといいのですが・・・

 

現在在庫切れ(>_<)

 

(来週入荷予定です)

 

 

 

お越しの際には、是非お問合せ下さいませ。

 

 

 

皮膚湿疹を鎮める方法

私自身も悩んだ皮膚湿疹。

 

アトピー性皮膚炎など

 

これは痒くなった人にしか理解できない辛さです。

 

 

食べ物が悪いとか、ストレスだとか・・・

 

原因を突き止めて、それを回避することはできても

 

痒みがすぐに治まるというわけではないでしょう。

 

 

掻いてはいけないとわかっていても、

 

痛みとは違うその辛さ。

 

 

患部を掻いてはいけないと思い

 

その周辺を掻いていたら

 

悪化した私の皮膚(^’^)

 

 

それもあっていろいろ学び、

 

痒みの原因が

 

『黄色ブドウ球菌である』ということが

 

わかりました。

 

 

湿疹を最小限に抑えるために

 

急性期にはステロイドの使用もあり。

 

という私の考えでしたが、

 

それに代わる物と出会いました。

 

 

なんと、黄色ブドウ球菌を不活化させるジェル。

 

 

お薬ではないですが、正直お薬レベルです(^’^)

 

 

 

 

いろんな可能性を秘めている

 

画期的なジェルです♪

 

 

 

将来増える?陥入爪。

実によくある爪です。

 

 

 

 

このような状態を繰り返している方、

 

いらっしゃると思います。

 

 

皆さんが言う

 

「良くなったり、悪くなったり・・・」

 

という爪の状態です。

 

 

これは、根本的に解決しておかないと、

 

後々大変なことになります。

 

 

脅しではございません(^-^;

 

 

巻いているから?

 

靴があたっているから?

 

歩き方?

 

爪の切り方?

 

 

実は原因は一つではないんですね。

 

 

わたしが思うに、需要なのは皮膚です。

 

 

 

こうして考えると

 

この先足のトラブルと共に

 

増えていくと予想されます。

 

 

何故なら皮膚(細胞)を作るのは

 

食べ物だからですね。

 

 

心当たりのある方は

 

早目のカウンセリングをおススメします☆

 

 

爪の修復

いろいろな足爪があります。

 

 

手の爪はならないのに・・・ですね。

 

おかれている環境が違うからです。

 

 

 

最初は爪のケアだけでしたが、

 

爪の下の角質を取り除き、

 

爪を抑え込みながら補正しています。

 

 

あとは新しい健康な爪が

 

どこまで伸ばせるか。

 

 

これが「足をおく環境」に

 

かかってきます。

インフルエンザウイルス

今年になって大流行したインフルエンザ。

 

医療機関や高齢者施設では

 

うつらないように・・・と

 

予防でタミフルが処方されたと

 

関係者の方から聞きました。

 

予防でタミフル??

 

無茶苦茶ですね(^’^)

 

 

「インフルエンザワクチンは意味がない。」

 

ということは、勉強している方なら

 

当たり前に知っていることですが、

 

昨日教えていただいたものは

 

「インフルエンザワクチンを接種して

 

インフルエンザにかかった人は、

 

ワクチン接種せずにインフルエンザに感染した人の

 

なんと6倍ものウイルスを吐き出している。」

 

と。

 

 

 

それもクシャミや咳でなく、呼気で十分だと。

 

ということは、

 

インフルエンザワクチンは、

 

自身に悪いだけではなく、

 

他の人にも危害を及ぼすということになりますね。

 

 

私が直接米国の論文を読んだわけではないので

 

正直なところわかりませんが、

 

私の言いたいのは、そもそも『予防』って

 

そういうことじゃないでしょ。

 

ということです(^’^)

 

 

ワクチン打ちたい方は打てばいいと思いますし、

 

わたしは打たないだけで、

 

人には強要いたしません。

 

 

わたしは

 

「注射が嫌い」

 

ただそれだけです(^’^)

 

 

 

 

▲TOPへ