LINE簡単お問合わせ・ご相談

LINE簡単お問合わせ・ご相談

健康QOL

爪甲後湾症の爪の痛み

数年前から皮膚科、形成外科に

 

通われていたそうです。

 

 

 

 

痛みがあればお薬。

 

何処に痛みが、何故起こっているのか?

 

そういった理由も

 

細かくは聞かれませんし

 

爪を専門にしていないところでは

 

正直難しいのだと思います。

 

 

 

私もまだ爪に関しては

 

わからないことが沢山ありますし

 

人間の体というものは

 

いろいろ不思議なことがあるもので

 

そこも含めていろんな方面から

 

学び中です。

 

 

 

こちらの方の爪の痛みは

 

 

 

爪の根元です。

 

爪のプレートが皮膚からはなれ

 

そのプレートが動くことによって

 

根元にストレスを与えます。

 

 

出たがっている爪が出れていない状態もあります。

 

 

ここを一日も早く改善することが大切です。

 

 

「いつかは伸びる」

 

は、残念ながらありませんので

 

早目のご相談を☆

 

 

 

 

 

 

手の爪のトラブル

「手の爪も見ていただけますか?」

 

 

とご相談のお電話をいただきました。

 

 

以前巻き爪でご来店されていたお客様です。

 

 

 

 

 

 

 

 

運が悪ければ肉芽ですね(>_<)

 

 

 

 

 

圧をかけない。

 

消毒はしない。

 

絆創膏などテープをしない。

 

NFPオイルのみで、皮膚は風に当てる。

 

 

 

以上です。

 

 

 

 

あとはLINEでやり取りします。

 

 

 

次の日の画像です。

 

 

 

 

 

 

 

痛みも治ってきたとのこと。

 

 

 

オイルケアで1週間もすれば

 

 

すっかり忘れてしまっているでしょう。

 

 

 

 

こういうケアも遠隔でできるようなるといいですね。

 

 

 

 

 

 

 

巻き爪補正をすると・・・

巻き爪補正をして一ヶ月。

 

 

 

 

 

 

痛みが無くなって

 

気づいたことがあるそうです。

 

 

「歩くのが早くなった・・・」

 

 

と。

 

 

考えれば当たり前のことですが

 

始めてお客様に言われて

 

「そうだよな~~」

 

と私も納得。

 

 

 

普段歩いているからこそ

 

この違いに気付かれたのだと思います。

 

 

靴のサイズも合わせ、靴紐もして・・・

 

 

 

 

親指が使えるようになるというのは

 

こういうことですね☆

 

 

しっかり体重を乗せて歩ける爪かどうか

 

ご自身でもチェックしてみましょう♪

 

 

 

肉芽を作る前に・・・

陥入爪からの肉芽です。

 

 

 

 

ちょっとインパクトが強いので

 

モノクロで(^’^)

 

 

2ヶ月医療機関で

 

お薬のみ処方されてたそうです。

 

 

 

この状態では補正できません。

 

ですのでご紹介できる医療機関に同行し

 

施術していただいてます。

 

 

 

そして問題はここから。

 

 

反対側の親指。

 

 

 

 

恐らく左側の親指の肉芽も

 

ここからがスタートだったと予測できます。

 

 

ここですね・・・

 

 

 

 

ですのでこの段階で補正が必要です。

 

 

 

 

潜っている爪を切らずに

 

皮膚の上に引き上げる。

 

 

これで安心して爪が伸ばしていけます。

 

 

この状態で長い期間爪を切ったり

 

放置している方。

 

 

大惨事になる前に

 

早目早目にご相談下さいね(^’^

 

 

 

 

枕の役割ってあると思うのですが

 

そこは専門ではないのでわかりません。

 

首?頭を支えるためでしょうか?

 

 

枕がどんなタイプのものでも

 

例え枕がなくても

 

何処でも寝れるようにと

 

枕無しで練習していた時期もありました(^’^)

 

 

枕を作る時に考慮しないといけないのが

 

何の上で寝ているか?

 

だそうです。

 

 

昨日、寝具を見る機会があってお話をお聞きしました。

 

 

お布団やマットによって

 

身体がどれだけ沈み込むかで

 

枕の高さが変わるそうなのです。

 

 

 

そうなんだ・・・

 

じゃ、オーダーメイドの枕って

 

お家で測定して作ってもらうの?かな??

 

 

ま、とりあえずは

 

自分が気持ちよく眠れて

 

目覚めのよいものだったらいいか(^’^)

 

 

 

 

 

 

 

巻き爪補正・その後は・・・

あまり巻いているようには見えないのですが

 

ご本人は痛いそうです。

 

 

 

 

 

爪が巻くことによって血流が悪くなり

 

爪の色も悪くなります。

 

 

 

 

 

補正を続けていると

 

爪の色もよくなってきます。

 

 

そしてやはり

 

おススメはウォーキング。

 

 

何時間も歩く必要はないですし

 

一万歩あるく必要もないです。

 

 

短い時間でいいので

 

何も持たず

 

足指を伸ばして

 

サイズの合った靴に紐をして

 

爽快に歩く。

 

ですね(^_-)-☆

 

爪育には欠かせません。

ご質問にお答えします☆爪の手術

「爪の手術といわれたが

 

怖くて・・・悩んでいます。」

 

 

 

お医者さんでは

 

「この爪は手術しないと治らない」

 

よく言われることです。

 

 

 

これは膝や腰の手術も同じですが

 

「本当にそうだろうか??」

 

まずこう考えてもらっても良いと思います。

 

 

なぜならば緊急性を要さないからですね。

 

(少し考える時間ぐらいあると思うので(^’^))

 

即決せずに、一旦持ち帰りましょう。

 

 

 

私たちの教えでは

 

体にメスをいれること。

 

これは最終手段であると学びました。

 

 

爪も同じ。

 

そして爪を手術したところで

 

自身の足の環境に変化がなければ

 

再発するということです。

 

 

再発しなければ運がよかった。

 

かな?(^’^)

 

 

自立を目指す

「こんな日が来るとは思っていなかった・・」

 

 

 

 

ずっーっと履けていなかったズボンが履けたと言って

 

 

 

 

見せてくれました♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

履けるどころか

 

 

余裕さえあります(^^;

 

 

 

 

やっぱり運動と食事!

 

 

 

 

超簡単に思えますが

 

 

 

ここに「意識」という厄介な物がついてくると

 

 

 

なかなか前に進めません。

 

 

 

 

ダイエットも言わば

 

 

心の特訓なような物です。

 

 

 

 

 

筋トレもそう。

 

 

 

 

強くなります。

 

 

 

心も身体も。

 

 

 

 

 

 

 

太っている

良し脚屋さん♪

 

年末からサロンのスペースを占領していた段ボール箱。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日セッティングしていただきました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アタッチメント付きました。

 

 

 

これで完璧!

 

 

 

 

フットケアスペースが

 

 

 

だんだん追いやられていきます(^^;

 

 

 

 

 

 

 

 

もう何屋さんかも

 

 

 

わからない。

 

 

 

 

 

 

 

フットケアサロンですけど

 

 

 

 

足だけじゃないんですね。

 

 

 

 

 

脚も大事!

 

 

 

 

 

 

 

筋トレって

 

 

 

続けていると分かるんですが

 

 

 

体が強くなるだけではないんです。

 

 

 

 

 

ここが素晴らしいところ。

 

 

 

 

 

皆さん(わたし自身にも)

 

 

 

 

できる限り続けていきましょうね〜〜♪

 

男性に多い深爪

パッと見上手に切っていそうですが

 

「痛くなる時がある。」

 

 

 

 

 

実はご本人の

 

巻き爪だったり

 

深爪という

 

認識がないのがとても危険です。

 

 

 

 

 

一旦は爪を引っ張りだして

 

伸ばしていくお手伝いをしないと

 

切っているうちに

 

爪はどんどん深みにはまっていきます(^’^)

 

 

 

痛い、もしくは違和感で切りたくなる。

 

ご本人にはその意識はなく

 

当たり前のように切っている。

 

 

男性に多いこの爪の切り方。

 

心当たりのあるお方は

 

一生に一度は

 

カウンセリングおススメいたします(^’^)

 

 

 

▲TOPへ