健康QOL

巻き爪による障害

高齢になればなるほど

 

巻き爪のリスクは高くなります。

 

 

今まで履いてきた靴に加えて

 

爪の乾燥、たんぱく質不足、歩行の減少

 

等々からです。

 

 

寝たきりでしたら

 

(血流障害が起きるのでよくはないのですが)

 

まぁ、おもてむきはヨシとしましょう。

 

 

ですが、まだ自立して生活をしている方にとっては

 

できる限りのケアが必要です。

 

 

 

何故ならば、これを機に「もっと歩かなくなる」

 

ことが予想されるからです。

 

 

ではどこまでケアするのか?

 

補正をするのか?

 

 

これはご本人、ご家族と相談します。

 

補正をしない方が良い場合もあるますし

 

取りあえず引き上げた方がいい場合もあります。

 

 

 

 

 

 

取りあえず

 

早急爪を引き上げた方がいい例です(^’^)

 

 

メールカウンセリングもしております。

 

お気軽にご相談下さいませ☆

伸びない爪の対処方法

爪が伸びないというご相談でした。

 

 

 

 

 

 

サロンでは伸びやすい状態に爪を加工し

 

後はご自宅でのセルフケア。

 

 

当サロンのケアは

 

とてもシンプルです。

 

 

自己治癒力を高める。

 

ご自身の細胞一つ一つを

 

信じて(^^♪

 

 

 

昨日一ヶ月目のご来店でした。

 

 

 

 

ご本人が

 

この爪の伸びの速さにに気付かれました。

 

 

こうなると、爪の伸びはもっと加速します。

 

不思議ですね。

 

 

まぁ、不思議ではないんですけどね(^’^)

 

 

 

これはいろんなことに応用できますので

 

お試しになるといいです(^_-)-☆

スクワットで予防を☆

お客様より先日、

 

「自宅の階段から転げ落ちた」

 

と聞きました。

 

 

それもずり落ちとかではなく前転。

 

おむすびころりん状態だったそうです(^’^)

 

 

いろいろ擦り傷はあったものの

 

骨折はなし。

 

打撲のあったところは

 

以前私がお伝えしてしているアイシングを

 

直ぐに行ったとのこと。

 

 

なんと84歳。

 

 

一週間に一回のトレーニングに加えて

 

自宅でも宿題の腕立て伏せを

 

毎日行ってもらってます。

 

 

どんなに気をつけていても

 

転ぶときは転びますし

 

起こる時は起こるもの。

 

 

「危ないから」とじっとしているよりも

 

起こった時に対処できる体を造っておく。

 

 

 

施設勤めの介護士時代から

 

その考えは変わっておりません。

 

 

というわけで、

 

月に一回、第一土曜日に行っているスクワットグループレッスン。

 

来月は10月3日の10時~

 

費用は1500円。

 

残り1名様です(^_-)-☆

 

 

学生さんの陥入爪

こうした深爪の陥入爪は

 

短期勝負です。

 

 

 

 

今日で10日目。

 

 

 

 

私とのいろいろな約束を

 

ご本人とお母さんが

 

守ってくださった結果です。

 

 

 

病院では手術しかないといわれ

 

お母様が接骨院の先生にご相談。

 

そちらからのご紹介でした。

 

 

このようなタイプの陥入爪は

 

男性に多いですね。

 

 

ご本人が気付いていない。

 

という場合が多いので

 

ご家族、周りにいらっしゃる方

 

何気にチェックしてみましょう☆

 

 

 

そして・・・

 

とにかく早目のご相談を(^’^)

 

肥厚爪と歩行

 

 

「こちらでできるのは

 

麻酔をして抜くことぐらい・・・

 

でも痛いよ~~(-_-;)

 

フットケアのお店に行ってみてはどうだろ?」

 

 

 

そう整形外科の先生に言われて

 

お嫁さんが探してくれたそうです。

 

 

 

五十肩の痛みで受診した整形外科。

 

今まで誰にも相談できなかったが

 

ついでに診てもらおうか・・と思って

 

先生に相談したそうです。

 

 

 

できないことをできないと

 

言ってくださる先生に感謝!!

 

 

 

この爪の原因は

 

幼少からの小さな靴。

 

 

爪は、何年もの年月を経て

 

変形していきます。

 

そしておそらく細胞レベルまで。

 

 

まずは歩ける爪づくり。

 

ここから始めましょう☆

 

 

健康を学ぶ

 

 

 

今日は午前中、田中佳先生のお話を聴きに行っておりました。

 

 

 

 

本もありますし

 

 

何度か別の場所でお話は聞いたことありますが

 

 

 

その時その時で

 

 

少しずつ話題が違って勉強になります♪

 

 

 

 

 

今日のわたしの気づき。

 

 

 

 

わたしは乳酸菌派ではなく、酵母派だということ。

 

 

 

 

インフルエンザ予防接種、打っても打たなくても

 

 

 

 

 

かかる確率は50%ということ。

 

 

 

 

そして今話題の『新型コロナ』のワクチン。

 

 

 

 

これの出るタイミングがいつか?ということ。

 

 

 

個人的にはこれが一番面白かったです。

 

 

 

 

300社ぐらいがワクチン開発してるそうです。

 

 

 

 

 

 

 

機会があれば是非一度

 

 

 

田中先生のお話、聞いてみてください。

 

 

 

 

医局にいらしたお医者さんですから

 

 

 

お医者さんとの上手な付き合い方も

 

 

 

教えていただけます^ ^

巻き爪補正のタイミング

こちらの巻き爪も

 

ご高齢のお客様です。

 

 

 

 

痛いからか、親指が浮いているのがわかります。

 

このようになると巻き爪は

 

どんどん加速します。

 

 

爪の角に

 

血豆もできていますので

 

これが爆発すると・・・

 

恐ろしいです。

 

 

 

 

 

とてもよいタイミングでした(^’^)

 

 

大きな傷になると

 

補正もできできないことがありますので

 

皆様、早目にご相談にいらしてください。

 

 

予防が大切です☆

蚊と皮膚常在菌

今年は何故か一度も蚊に出くわすことがありませんでした。

 

 

我が家はエアコンの設備がないので

 

夏になると夜間の蚊対策のために蚊帳を張ります。

 

 

梅雨が長かったせいか

 

蚊の存在が全く気にならなかったので

 

今年は蚊帳を張らずに過ごしたわけですが・・・

 

 

 

昨日のお客様との会話から

 

「蚊の刺されやすさは、皮膚の常在菌によって変わる」

 

と。

 

 

『気温が高ずぎると蚊が少ない。活動しない』

 

と聞いたことはあったのですが

 

調べてみると、そうではなさそうです。

 

 

 

デング熱防止に、都心では殺虫剤を噴霧している

 

という話を聞いたこともあったので

 

それで蚊が少ないのかな~~なんて思ったこともありましたが・・・

 

 

 

どうして今年は一度も蚊に刺されなかったのだう??

 

蚊が特別少なかった??

 

そういうわけではないとしたら・・・

 

 

 

心当たりが一つ。

 

 

そういえば春過ぎから

 

体の洗い方を変えた。

 

これしか思い当たらないです。

 

 

お客様のお話になった皮膚常在菌の話

 

興味をそそられますね(^’^)

 

 

これ、もしかしたら魚の目・タコなどの

 

足の角質にも使える話かも・・・です☆

 

 

ご高齢の方の巻き爪補正

84歳女性です。

 

 

ご高齢の方の巻き爪補正は

 

痛みのある時と、歩行の頻度によって

 

補正をするかしないかを決めます。

 

 

結局、サイズの合った靴を履き

 

歩かないとまた巻いてしまうからですね。

 

 

 

 

こちらのお客様は毎日、

 

電車に乗って他の地区まで

 

体操に行かれているそうです。

 

 

2年前に一度お越しになりましたが

 

全くお変わりなく・・・

 

 

年をとっても『変わらない』って

 

凄いことだな~と。

 

 

歩きやすくなって

 

更にお元気に過ごされることでしょう。

 

 

『元気』が一番ですね(^_-)-☆

菌を整える

土の中の菌を育て活用すると

 

化学肥料や農薬がいらなくなると聞いたことがあります。

 

 

人間の皮膚も同じことが言えるのではないか?

 

と最近試していることがあります。

 

 

 

足の皮ムケがなくなり

 

踵の皮膚が柔らかくなってくる。

 

 

まだまだ症例は少ないので

 

確信には至りませんが・・・

 

 

保湿をしなくてもいいって

 

凄くないですかね?

 

 

私も今まで、一に保湿!二に保湿!

 

って言ってましたけど(^’^)

 

 

自分の身体にとって

 

本当に意味のある物だけを使う。

 

 

ものが溢れている時代だからこそ

 

選べる感覚を育てていきたいですね☆

 

 

▲TOPへ