健康QOL

インフルエンザ

 

インフルエンザウイルスが

 

 

 

 

 

愛知県で大暴れしているようです💦

 

 

 

 

 

予防接種やマスクは予防になるのかどうかわかりません。

 

 

 

 

 

 

 

でもこちらはイケるかも😅

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダチョウ抗体入りマスク♪

 

 

 

 

 

スプレー式もあります♪

 

 

 

 

 

 

わたし自身本当は

 

 

 

 

 

「感染して抗体作りましょ!」

 

 

 

 

 

というタイプですが、やはり一人でお仕事していると

 

 

 

 

 

そういうわけにもいかず、

 

 

 

 

体調管理はとても重視しております。

 

 

 

 

 

 

 

予防しながら免疫力アップ‼️

 

 

 

 

 

やっぱこれでしょ😊

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続・アトピー性皮膚炎

 

わたしにも時々出没する湿疹。

 

調べればいろんなアレルギーがあるでしょし、

 

調べたところで湿疹の出る時の環境は

 

決まっていませんので

 

食事の記録もすぐに止めました(^’^)

 

 

でも、痒みは押さえたいし、

 

湿疹の跡もどうにかしたい。

 

 

湿疹の原因菌が黄色ブドウ球菌というのは

 

もう知られているお話。

 

とびひもそうだと、先日看護師さんが言っていました。

 

 

掻くと赤くなり・・・ジュクジュクして・・・

 

きっと黄色ブドウ球菌が大暴れしているのでしょう。

 

見えませんけどね(^’^)

 

 

 

そんな中、最近顏に塗るジェルを変えたところ

 

知らないうちにこんなことが・・・

 

 

 

 

 

 

年末から使い始めていたのですが、

 

これすごい!!

 

ただの保湿ではないようです。

 

 

ダチョウ抗体入り♪

 

ダチョウさん素晴らしい!!

 

只今大好きな実験中!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

足の爪でカラダを支える

「お腹のお肉が邪魔をして・・・」

 

「目がしょぼしょぼして・・・」

 

と、足の爪が切りにくくなっている

 

年配の方がいらっしゃいます。

 

 

以前皮膚科で巻き爪補正をしていたとのことですが、

 

爪のケア+オイルでしっかり(紐して)歩いていただければ

 

補正は必要ありません。

 

 

 

爪のピンクの所を増やしていきたいので、

 

短めに切っています。

 

 

歩くのにはまず膝の痛みを解消しないといけません。

 

そう、スクワットですね(^^♪

 

 

今日はバーにつかまって、

 

10回ほど深くしゃがんでいただきました。

 

 

すると、

 

「あれ?楽になっとるわ」と、

 

来られた時とはちょっと違う歩行になっていました。

 

 

一ヶ月後が楽しみです^^

 

 

宿題を忘れなければ・・・(^’^)

アトピー性皮膚炎

わたしにも時々でてくる湿疹。

 

本当に痒くって、あの掻いた後の爽快感。

 

掻いた後に反省する(^-^;

 

 

患部を掻くと広がるからと、その周りを掻いていると

 

皮膚が傷つき、バリアが壊れそこにまた湿疹が広がる。

 

 

1年前からいろいろ試してきました。

 

食べ物が悪いとか、ストレスが溜まっているとか、

 

まあまあいろいろいわれますが、

 

急性期は軽いステロイドの併用も有りなのかな~と。

 

 

それをしながら生活習慣の改善をしていく。

 

そして皮膚の常在菌を育てていく。

 

 

 

最近やっと湿疹の出る頻度が減ってきました。

 

去年の春からこちらを使い始めてから♪

 

 

 

 

 

 

 

メスリ博士のローズローション♪

 

踵の角質も柔らかくなり、皮膚が整ってきます。

 

久しぶりにあうお仕事仲間には

 

「白くなった??」

 

と言われます。

 

 

日中、お日様に当たっていないだけかも知れませんけどね(^-^;

医療費削減

先程通りがかりに観たテレビのニュース。

 

医師の長時間労働。

 

睡眠無し。

 

過労死・・・

 

 

医者になった息子さんが、病院から飛び降りたと

 

遺族が涙ながらに語っていました。

 

 

長時間労働をさせる病院が悪いのか?

 

 

お医者さんが少なければ、

 

一人当たりの労働時間が増えるのは当たり前。

 

だって、患者さんは増えてるでしょうから。

 

 

今既に国民の4人に1人は60歳以上。

 

このままでいいのかな?と。

 

医療費のことも常々考えています。

 

私がフットケアやトレーニングをおススメしている訳は

 

そこにあります。

 

 

どこかの勉強会で聞いた話を思い出しました。

 

夕張市は市の財政破綻で街の病院が無くなったら、死亡率が下がったと。

 

医療費、救急車の搬送回数も下がったそうです。

 

 

 

世の中には、

 

「病院がなかったら行かない(行けない)」

 

という方、

 

まだまだいっぱいいると思うんですけどね(^-^;

 

 

 

 

 

膝痛には・・・

ご近所のスーパーのレジで声をかけられました。

「スクワットって・・・こんな感じでいいんですか?」

と、レジの女性が急にしゃがみはじめました。

聞くと、膝が痛く病院では手術と言われている。運動がいいと思ってスクワット始めようとやってはみたが痛いし・・・とのこと。

「膝が痛ければ、痛みが我慢できる範囲で行って大丈夫ですよ〜」

「痛みが我慢できる範囲で深くしゃがみましょう」

「回数ができるようになったら、ペットボトルか何か重りを持つもいいですね」

などなどお伝えしました。

筋肉ドクターのスクワット資料も参考に、後日お買い物の際に持参。お渡ししました^ ^

今朝久しぶり朝ウォークの途中にスーバーへ。

あのレジの女性でした。

「スクワットで、あれから膝の痛みが無くなりました!これで手術もしなくてよくなりました!!」

と、笑顔で教えて下さいました。

「痛くても大丈夫と聞いて、安心して続けることができました♪」

と。

嬉しい限りです。

やってみよう!と、始めた彼女が素晴らしいです。

「人間の身体は治るようにできている」

師匠のお言葉。

沢山の方には伝えられないかもしれませんが、こうして確実にお一人が元気になる。

その積み重ねで、今日もこれを着てウロウロしてます^ ^

 
 

イボ博士

江川清文先生。

 

先週天草まで行ってきました。

 

アポなしにも関わらず、質問に快くお答えいただき感謝です。

 

 

そちらには常勤していないということで、

 

その日お会いできたのはラッキーでした(^’^)

 

 

これからも、会いたい人には会いに行こう!

 

 

 

とても素敵な先生でした。

 

 

また今度・・・・

 

またいつか・・・

 

 

なんてものはない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『自分でできるシンプルなこと』

 

昨日巻き爪のお客様が、

 

足を引きずってご来店されました。

 

 

出張の前に、爪のケアでご来店いただくのですが、

 

いつもと様子が違うのでお聞きしたところ

 

ぎっくり腰。

 

 

腰や膝の痛みのことは聞いていましたが、

 

2.3日前にやってしまったご様子。

 

 

伊藤かよ子先生の『腰痛学校』のお話から、

 

 

「そういえば、〇〇さんが(お客様の同僚の方)、

 

ここでもらった小冊子をいつも持ち歩いているって・・・

 

そう言ってたな~~」

 

 

と。

 

 

 

 

 

こちらですね。

 

中を読んでいただければわかります。

 

ぎっくり腰だけに・・ではないんです。

 

 

実は私がこの冊子をいただいて読んだときには、

 

あまりピンときていなかった。

 

 

先ほど読み返してみると、

 

最初に読んだ時とは、

 

全く受け取り方が違っていて、

 

「何でだろ???」

 

と自分でも不思議です。

 

 

何度も何度も読んで下さい。

 

 

昨日の巻き爪のお客様、

 

「わたしも一冊いいですか?」

 

と。

 

 

是非、出張かばんに入れて行って下さい♪

 

きっと大丈夫!

 

無事にご帰国されることを

 

心から祈っております^^

 

 

 

 

高齢者と足爪。

 

 

お隣の指もオイルとカットで

 

爪育中です。

 

 

 

 

 

 

ご高齢の方は、

 

補正期間が長くならないよう

 

 

痛みだけ解消できれば、

 

あとは爪切りやオイル、靴などの環境を変えて

 

様子を見ることにしています。

 

 

爪の形や長さで

 

歩行が変わります。

 

転倒防止にもなります。

 

これは介護の現場で学んだ事です。

 

 

多くの方に知っていただきたい現状ですね。

 

 

 

 

 

 

一ヶ月です。

 

 

オイルとカットで、

 

ピンクの所も増えています。

 

 

不妊

今は妊活してから1年子供ができないと

 

病院に受診するのだとお客様に聞きました。

 

 

私たちが子供の頃は

 

一人っ子というのがまれで

 

それが、わたしの母親世代になると

 

5人兄弟、8人兄弟が当たり前の時代でした。

 

 

先日読んだ、ダチョウの本。

 

 

ダチョウは餌の量で、産む卵の数が変わるというもの。

 

たっぷり餌を与えていた時よりも、

 

少なかった方が、産む卵の数は増えたとありました。

 

 

ふと、人間にもあたはまるのかな~と。

 

 

いつでもどこでも、何でも好きなものが食べれる時代。

 

 

「食べ物がないから死んでしまう!

 

早いところ子孫を残さないと!!」

 

なんて危機的なことに陥らない為、

 

繁殖能力も細胞レベル的に落ちているのでは?

 

なんて。

 

 

どちらにしろ、

 

良くない物を食べ過ぎてますね。

 

活動量が少ない割に。

 

動くか減らすか・・・

 

ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▲TOPへ