2019年12月の一覧

肥厚爪のケア

 

分厚くなった爪は

 

靴の上の部分(アッパー)にあたるとお話しました。

 

 

紐靴を履かない高齢者にとって

 

この爪の痛みは

 

歩く機会を奪うことに繋がります。

 

 

 

 

 

 

削るとやはり内出血。

 

爪の下、根元の部分が厚みによって

 

圧迫されて毛細血管から出血します。

 

 

 

打ち身みたいなものでしょうか。

 

 

こういった内出血で

 

爪が抜け落ちることもありますが

 

肥厚爪の場合

 

時間をかけてジワジワと・・・なので

 

急に抜け落ちることはありません。

 

 

が、この先のケアは必須です。

 

 

オイルケアですね☆

 

 

介護士と高齢者の爪

 

高齢の方に多い爪です。

 

勿論若い方にも見られます。

 

 

いろいろな原因がありますが

 

主に靴の圧迫と、外傷、白癬菌などです。

 

 

一番いけないこと。

 

それは「放置すること」です。

 

 

爪は伸びています。

 

ゴツゴツで伸びている爪は

 

靴下、靴に当たります。

 

 

痛みや違和感で

 

歩くことから遠ざかります。

 

靴を履きたくないのですね。

 

 

認知症であればそれを

 

「痛い」とは言わず

 

靴を履かない他の理由を言っていたりもします。

 

 

爪でどれだけ歩行が変わるか・・・

 

 

早ければ早い方がいいですね。

 

痛みをかばう歩き方は、それが習慣になります。

 

 

それに気づける介護士さんが増えるといいですね☆

 

 

 

 

 

 

 

巻き爪補正その後は?

 

爪を引き上げた跡があります。

 

 

今まで爪のあったところが

 

凹んでいますね。

 

 

爪を引き上げているのは

 

補正器具の力です。

 

 

オイルは勿論の事

 

この凹みを埋めるには

 

歩くこと。

 

歩くこと!

 

歩くこと!!

 

 

3回言いました(^’^)

 

 

 

最近、本当に大切だな~って

 

思うんですね。

 

 

歩くこと・・・

 

 

4回になりましたね(^’^)

靴の調整。

お客様からお預かりしたゴルフシューズ。

 

 

 

中敷を取り外して

 

 

ここにビッグスキンを貼っていきます。

 

 

 

 

 

 

 

豚さんの皮ですね。

 

 

 

人間で言う皮膚。

 

 

 

なので毛穴があるんです。

 

 

 

 

 

 

 

両面テープも特殊なものです。

 

 

 

通気性もよく、蒸れにくく、そして何より足に吸い付く。

 

 

 

 

 

これは履いた方にしかわかりません。

 

 

 

 

 

中で足が擦れなく、本当に気持ちいいんです♪

 

 

 

 

 

ソックスも一緒。

 

 

 

 

ナイロンは摩擦熱が・・・ですね。

 

 

 

 

 

糖尿病の方の中敷の表面にもいいんだろうな〜って

 

 

 

 

作りながら思ってました。

 

 

 

 

 

ここにFCさんのシューレース。

 

 

 

 

靴が生まれ変わります。

 

 

 

 

そして歩き方も変わります^_^

 

『肥厚爪祭り』

今日は両国で勉強会です。

 

 

 

 

 

 

 

 

『肥厚爪』(ひこうつめ・ひこうそう)

 

 

 

 

面白そうですね^ ^

 

 

 

 

簡単に言うと、分厚くなった爪のことです。

 

 

 

 

いろいろな原因がありますが

 

 

 

高齢者に多い白癬菌からの爪肥厚。

 

 

 

 

 

これは、予防がとても重要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なる方には予兆があります。

 

 

 

 

 

 

日々のケアですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▲TOPへ