ブログ

陥入爪の補正 其の③

 

傷のあった陥入爪。

 

切り込んだ爪は巻いており、

 

引き上げたい白い部分はほぼほぼない状態。

 

 

ぺディグラスの巻き爪補正は、

 

その様な爪にも対応できる優れもの。

 

 

 

 

こんなプレートを使います。

 

このプレートで爪の上に出てきた皮膚を抑え込んで、

 

巻いている爪を引き上げながら、

 

「こんな風に生えて行ってね~」

 

という方向に爪を作っていきます。

 

 

 

少し爪を引き上げるだけで、

 

痛みはぐんと軽減します。

 

というか痛くなくなります(^-^;

 

 

素晴らしいぺディグラスの巻き爪補正!

陥入爪(かんにゅうそう)の補正 其の②

 

 

傷のできてしまった陥入爪。

 

圧迫しない靴を履くことは勿論、

 

爪の切り方にも注意が必要です。

 

 

何処が原因で痛みがあるのかを見みます。

 

以前ご自身でカットしたところに

 

段差が見えます。

 

 

 

 

工夫されてサイドの爪を切っていたことが

 

よくわかります。

 

 

ほんの少しの段差なのですね。

 

これを皮膚は「異物」と認識して

 

それに反応してしまいます。

 

肉芽も同様です。

 

 

靴の圧迫がなければ、何事もなかったかもしれませんが・・・

 

 

お医者さんはここをバッサリいきます(-_-;)

 

恐らくですが(^’^)

 

 

(そうでないお医者さんもいらっしゃいます。

 

最近お会いしたのでまた後日)

 

 

お客様の現状をお伝えして、

 

補正方法をご提案していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

陥入爪の補正の前に・・

 

痛みがあってご来店されました。

 

 

この状態を繰り返している陥入爪の方は

 

非常に多いと思います。

 

運が良ければ治まるし、運が悪ければ悪化する。

 

 

「運」ではないんですけどね(^’^)

 

 

靴なんです・・・

 

 

これをしっかり頭に入れておかないと

 

同じことを繰り返してしまいます。

 

 

なぜそうなったのか?

 

を理解すれば再発は避けることができます。

 

こちらのお客様の足のサイズは25.8㎝。

 

足のサイズというのは、踵から一番長い足指までの長さです。

 

靴のサイズはここからプラス1㎝∼1.5㎝大きめを選びます。

 

紐靴のお話です。

 

 

お客様の普段履きの靴が25㎝。

 

靴の圧迫による陥入爪のキズです。

 

巻き爪どこまで伸ばす?

 

「巻き爪は伸ばしてくださいね~」

 

こちらの方も、皮膚科でそういわれて伸ばしているが、

 

「どこまで伸ばせばいいんですか?」と。

 

 

 

 

圧迫されているので血流も悪く、

 

伸ばせば伸ばすほど爪は乾燥し、

 

収縮するため巻いてきます。

 

爪も分厚くなり、これで痛みが増します。

 

 

巻き爪補正をしても、環境が変わらなければ

 

また巻いてしまいます。

 

基本的な爪の長さは、つま先よりも1ミリ~2ミリほど短く、

 

真っ直ぐに切ります。

 

角は切らずにやすりでカーブを付ける程度。

 

これはあくまでも目安ですので、

 

その方の指の形や、靴の環境によって変わってきます。

 

 

ご自身でお手入れできるように、

 

まずはカウンセリングにお越しくださいませ♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

巻き爪の爪切り

初回ご来店時、

 

爪が割れるからと、ネイルサロンで購入した

 

爪の栄養剤をつけているとおっしゃっていました。

 

 

 

 

爪が所々白かったので、

 

補強材だったのかもしれませんね。

 

爪も乾燥しているので割れやすく、

 

巻き爪も爪の乾燥により収縮。

 

 

補強材で爪を強くするというよりも

 

爪に油分と水分を与えて、

 

しなる爪を作ることが大切です。

 

 

 

 

 

 

NFPオイルを使い始めて、

 

爪の割れも、巻き爪にも変化が出てきました♪

 

 

 

 

 

 

介護士のお仕事って?

 

名古屋市にある介護施設に、

 

月に一度、体操レクでお邪魔しております。

 

 

3ユニットある有料老人施設。

 

80歳以上の方が多いように思います。

 

 

私が施設に勤務していた20年前は、

 

70代が多かったような・・

 

 

だからなのか、

 

ADLの下がり具合が早いように感じます。

 

 

一ヶ月も経つと、椅子に座っていた方が車椅子に。

 

座位の取れていた方が、リクライニングの車椅子に・・・

 

 

介護施設での身体能力の維持向上はなく、

 

『お迎えが来るのを待つ場所』

 

になっているのかな・・・

 

 

 

私のお勤めしていた介護施設は

 

相談員が他の施設で見ることができない(いわゆる手に負えない)

 

方々を引き受ける方でしたので

 

それはそれは大変な思いをしましたが、

 

貴重な、なかなか体験のできない勉強をさせていただきました。

 

 

 

身体拘束が当たり前の時代。

 

抑制を外し、オムツを外し、車いすを外し、

 

そして胃ろうを外し・・・

 

それを看護師と現場の介護スタッフが協力して

 

お年寄りを元気にしていった。

 

そんな施設でしたね。

 

 

今の介護士さんって、そういう「楽しさ」を

 

感じられてるのかなって。

 

切り離してはいけません。

 

介護は生活の延長です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天然由来成分90%

 

先日ヨガでもらった試供品のシャンプーに

 

そう書いてありました。

 

 

普段手に取らない商品なので、

 

なんとなくその言葉に目がいったのでしょう。

 

 

『天然由来成分』ってなんだろう?って。

 

 

『天然成分』ではなく『天然由来成分』

 

 

 

もとを辿れば、全てが『天然』になるのかな?

 

石油も天然?

 

 

言葉のマジックかな(^’^)

 

 

これはタコか?魚の目か?イボか?

診断できないフットケア。

 

「効果がある」とか「治る」とか「効く」

 

これらの言葉も使いません。

 

 

こちらのタコか魚の目らしきもの。

 

皮膚科へ行って、大学病院へ行って、お薬を貼られ・・・

 

お薬で皮膚がふやけた状態でご来店されました。

 

 

 

 

痛みがありましたが、皮膚が傷んでいたので

 

削ることができず、カウンセリングとCSソックスのみで

 

しばらく様子を見ることに。

 

 

そして、このタイプのもの。

 

わたしの見立てはイボなんですね。(イボの一種)

 

 

 

しかし今まで行ったお医者さんが「魚の目」と診断していますので、

 

魚の目の処置をしていたわけです。

 

 

そして、それはだんだん大きくなって、

 

痛みを伴うまでになります。

 

 

お客様をしては、

 

「何処へ行ったらいいの???」

 

と、途方に暮れるわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『診断』できないフットケア

 

わたしたちはお医者さんではないので、

 

『水虫』とか『イボ』とか、

 

病名を付けて診断することはできません。

 

 

あくまで見た目、経験、状態で・・・

 

だろうな~~~という感じです。

 

 

この私の見立てに、

 

共感してくれる、そして治療をしてくれる

 

皮膚科のドクターはいないものかと、

 

日々探しております。

 

 

それはお客さんが本当に「治したい」と思っているから。

 

 

私たちでできることは限られており、

 

医療を使わないといけない場合もあるからですね。

 

 

魚の目に見えるイボ。

 

最近(というか前から)多いのです。

 

皮膚科の先生は「魚の目」と判断する場合が多いようで、

 

大きくなっていくんですね。

 

 

イボ博士に会いに熊本まで行くかなぁ~~~(^-^;

 

 

 

 

 

 

 

 

サプリメント

健康補助食品。

 

食品かお薬かよくわかりませんが、

 

普通の食事摂取では足りない栄養素を補うというイメージがあります。

 

 

私も20年以上前は鉄だの、マグネシウムだの、ビタミンだの・・・

 

家族からも「また始まった」と言われるぐらい

 

いろいろ試したものです。

 

 

自分でも、どこにどう作用しているのか、

 

わかっているのか、わかっていないのか(^’^)

 

 

『健康』という定義も、

 

私の中で今とは全く違っていたので

 

そんなことを続けていたわけですね。

 

 

サプリもピンキリですが、

 

どうせ飲むならば本物を。

 

 

最近ちょっと面白いものを見つけましたので、

 

只今お試し中♪

 

 

 

▲TOPへ