ブログ

健康を学ぶ

 

 

 

今日は午前中、田中佳先生のお話を聴きに行っておりました。

 

 

 

 

本もありますし

 

 

何度か別の場所でお話は聞いたことありますが

 

 

 

その時その時で

 

 

少しずつ話題が違って勉強になります♪

 

 

 

 

 

今日のわたしの気づき。

 

 

 

 

わたしは乳酸菌派ではなく、酵母派だということ。

 

 

 

 

インフルエンザ予防接種、打っても打たなくても

 

 

 

 

 

かかる確率は50%ということ。

 

 

 

 

そして今話題の『新型コロナ』のワクチン。

 

 

 

 

これの出るタイミングがいつか?ということ。

 

 

 

個人的にはこれが一番面白かったです。

 

 

 

 

300社ぐらいがワクチン開発してるそうです。

 

 

 

 

 

 

 

機会があれば是非一度

 

 

 

田中先生のお話、聞いてみてください。

 

 

 

 

医局にいらしたお医者さんですから

 

 

 

お医者さんとの上手な付き合い方も

 

 

 

教えていただけます^ ^

FCオリジナルシューズ☆

ファイブコンフォートさんオリジナルの靴です。

 

 

 

 

 

 

 

 

イタリア製の皮を使ってます。

 

 

 

 

とっても柔らかい^ ^

 

 

 

 

わたしは踵のホールド感が気に入りました。

 

 

 

 

こちらはインソール無しでもご購入いただけます。

 

 

 

 

わたしのオススメは、元々の中敷に

 

ブタさんの皮を貼ります。

 

 

 

摩擦が起こりにくく、中ズレを起こしません。

 

 

 

裸足で履くと超気持ちいい!

 

 

 

履きませんけど・・・(^^;

 

 

 

ブーちゃんの皮は、しばらくサービスでつけさせていただきます♪

 

 

 

体感してください^ ^

巻き爪補正のタイミング

こちらの巻き爪も

 

ご高齢のお客様です。

 

 

 

 

痛いからか、親指が浮いているのがわかります。

 

このようになると巻き爪は

 

どんどん加速します。

 

 

爪の角に

 

血豆もできていますので

 

これが爆発すると・・・

 

恐ろしいです。

 

 

 

 

 

とてもよいタイミングでした(^’^)

 

 

大きな傷になると

 

補正もできできないことがありますので

 

皆様、早目にご相談にいらしてください。

 

 

予防が大切です☆

大切なピロピロちゃん

一ヶ月で良く伸びました♪

 

 

 

 

色の違っているところは

 

もうすぐ取れそうですね。

 

 

 

 

取れそうなところは

 

切っておいた方がが安全です。

 

 

爪だと思っていたのは

 

アクリルだったのかもしれませんね。

 

 

爪が伸びていくのに大切な

 

爪下皮のピロピロもあるし

 

状態はいいです♪

 

 

あとはオイルですくすく育つでしょう(^_-)-☆

蚊と皮膚常在菌

今年は何故か一度も蚊に出くわすことがありませんでした。

 

 

我が家はエアコンの設備がないので

 

夏になると夜間の蚊対策のために蚊帳を張ります。

 

 

梅雨が長かったせいか

 

蚊の存在が全く気にならなかったので

 

今年は蚊帳を張らずに過ごしたわけですが・・・

 

 

 

昨日のお客様との会話から

 

「蚊の刺されやすさは、皮膚の常在菌によって変わる」

 

と。

 

 

『気温が高ずぎると蚊が少ない。活動しない』

 

と聞いたことはあったのですが

 

調べてみると、そうではなさそうです。

 

 

 

デング熱防止に、都心では殺虫剤を噴霧している

 

という話を聞いたこともあったので

 

それで蚊が少ないのかな~~なんて思ったこともありましたが・・・

 

 

 

どうして今年は一度も蚊に刺されなかったのだう??

 

蚊が特別少なかった??

 

そういうわけではないとしたら・・・

 

 

 

心当たりが一つ。

 

 

そういえば春過ぎから

 

体の洗い方を変えた。

 

これしか思い当たらないです。

 

 

お客様のお話になった皮膚常在菌の話

 

興味をそそられますね(^’^)

 

 

これ、もしかしたら魚の目・タコなどの

 

足の角質にも使える話かも・・・です☆

 

 

ご高齢の方の巻き爪補正

84歳女性です。

 

 

ご高齢の方の巻き爪補正は

 

痛みのある時と、歩行の頻度によって

 

補正をするかしないかを決めます。

 

 

結局、サイズの合った靴を履き

 

歩かないとまた巻いてしまうからですね。

 

 

 

 

こちらのお客様は毎日、

 

電車に乗って他の地区まで

 

体操に行かれているそうです。

 

 

2年前に一度お越しになりましたが

 

全くお変わりなく・・・

 

 

年をとっても『変わらない』って

 

凄いことだな~と。

 

 

歩きやすくなって

 

更にお元気に過ごされることでしょう。

 

 

『元気』が一番ですね(^_-)-☆

菌を整える

土の中の菌を育て活用すると

 

化学肥料や農薬がいらなくなると聞いたことがあります。

 

 

人間の皮膚も同じことが言えるのではないか?

 

と最近試していることがあります。

 

 

 

足の皮ムケがなくなり

 

踵の皮膚が柔らかくなってくる。

 

 

まだまだ症例は少ないので

 

確信には至りませんが・・・

 

 

保湿をしなくてもいいって

 

凄くないですかね?

 

 

私も今まで、一に保湿!二に保湿!

 

って言ってましたけど(^’^)

 

 

自分の身体にとって

 

本当に意味のある物だけを使う。

 

 

ものが溢れている時代だからこそ

 

選べる感覚を育てていきたいですね☆

 

 

爪の色にも要注意☆

 

「随分綺麗になってきたと思います」

 

とおっしゃっていました。

 

 

何ヶ月も前ですと

 

どんな爪だったか忘れてしまうものですね(^-^;

 

 

 

 

 

ちょっと巻きながらですが

 

何とか山は越えたようです。

 

 

爪の黄色っぽいのが気になりますので

 

汗をかいたソックスを

 

そのまま履いていないこと。

 

 

爪が湿っぽくなると(潤うのとは違います)

 

臭いの原因にもなります。

 

 

足の汗は

 

冷えの原因にもなりますので

 

ご注意を☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カウンセリングのススメ♪

 

スライサーでバッサリいってから

 

 

ちょうど1週間が経ちました。

 

 

 

 

 

 

爪までいってましたし

 

 

 

最悪肉芽になるかも?と思っていましたが

 

 

 

運良くならずに済みました(^^;

 

 

 

 

陥入爪の巻き爪の傷も

 

 

 

1週間が勝負です。

 

 

 

良くなったり悪くなったりを繰り返していると

 

 

 

慢性化して

 

 

 

 

何を試みても上手くいかなくなります。

 

 

 

 

とくに肉芽のできてしまった巻き爪や陥入爪。

 

 

 

これは意を決して、徹底的にやった方が良いかと。

 

 

 

やったりやらなかったりの中途半端は

 

 

 

皮膚の状態もどんどん悪くなり

 

 

 

改善しにくくなります。

 

 

 

 

足爪の場合、何故そうなるか?

 

 

という現状を知るというためにも

 

 

カウンセリングは超オススメです☆

 

 

 

 

巻き爪予防

 

 

初回ご来店から

 

何度か巻き爪補正をしました。

 

 

 

指も爪の向きも変わりました。

 

 

後はオイルケアと歩行ですね~(^^♪

 

 

爪はもともと巻いて生えてくるように

 

プログラムされていますので

 

歩かないと・・・

 

巻きます。

 

 

歩けば根元の爪も引き上がってきます。

 

 

 

コロナだからとか、暑いからとか言ってないで

 

歩ける時に歩きましょう(^_-)-☆

 

 

歩きたくても歩けなくなる時がくるのだから・・・

 

 

 

 

 

 

 

▲TOPへ