巻き爪・陥入爪ケア

【巻き爪・陥入爪とは】

爪が溝に深く入りこみ、皮膚を圧迫するもの。
爪が皮膚まで食い込み、炎症を起こす事があり、それを陥入爪(かんにゅうそう)と呼ぶ。
悪化すると、傷ついた箇所に痛みが伴い、歩くのが困難になります。

【主な原因】

サイズ違いの靴
適正より小さいサイズの靴や、ハイヒールの様な足の先を圧迫するような靴を履くことで、爪や指が圧迫され巻き爪の原因になります。
また、大きすぎるサイズの靴を選んでしまうと、靴の中で足が動き指が靴に当たって巻き爪を引き起こします。

深爪
深爪になりますと、爪周りの皮膚が盛り上がり、爪の成長の促進を邪魔します。
さらに、爪が皮膚に食い込むように成長しますので、巻き爪を悪化させる原因となります。

【当サロンのケア】

当サロンは特許取得技術である、ペディグラステクノロジーを使用した施術となります。
針や刃物を使わずに、施術中はもちろん術後も痛みがない画期的な国内で開発された施術方法です♪

▽ぺディグラステクノロジーとは
ペディグラステクノロジーは、皮膚を傷つけるなどのリスクが伴わないと判断した陥入爪や巻き爪の状態を補正しています。
しかしリスクが高いと思われる場合には、医療機関への診察を常にご案内しています

——————
1.ぺディグラスの巻き爪補正は角度によって料金が異なりますので、まず巻き爪の(巻き方)角度を測って、料金を設定します。

2.爪につける補正具を1ヶ月定着させるため、爪の汚れやごみ、加工を行います。
痛みはありません。

3.補正具(透明な樹脂)を専用のジェルを使って爪につけます。

4.補正具を引っ張って爪を引き上げジェルで固定します。

5.やすりで、爪と補正具との凹凸をなめらかにし、目立たなく仕上げて終了です。

痛くないのはもちろん、透明な補正具を使用する為、見た目も美しくその日からお風呂にも入って頂けますよ♪
巻き爪は、放っておくとどんどん進行していまいます。
まずは、ワンコインカウンセリングからお試し下さい。

一覧に戻る

▲TOPへ