LINE簡単お問合わせ・ご相談

LINE簡単お問合わせ・ご相談

2021年6月の一覧

まずはゼロ地点に戻す。

 

 

「爪先の骨に当たってそれ以上前に伸びないから

 

爪を樹脂で作って、爪が伸びるように誘導する。」

 

 

 

 

 

こういった方法で爪の修復をすることがあります。

 

 

が、当サロンではやっておりません。

 

 

過去に私も、これに近いことをやっておりましたが

 

爪が伸びるどころか

 

どんどん悪くなっていっている様な

 

そんな気がしていたので

 

それ以来止めております。

 

 

 

これが正しいか、そうでないかは別として

 

まず、何故爪が生えてこなくなっているのか?

 

ここが重要だと思います。

 

 

そのために何をしたらいいのか?

 

 

お薬と一緒で

 

どんどん追加していくと

 

何が何だかわからなくなります。

 

 

ですのでまずはやってはいけない事。

 

この悪い環境を

 

取り除くことからして

 

まずはゼロ状態にする。

 

 

ここから一つずつ試していけばいいと思います。

 

 

病気も一緒。

 

 

何故?何のためにこうなっているのかを考えると

 

いろいろピンと思うことが

 

見えてくると思います。

爪甲後湾症のケアが途絶えると・・・

爪甲後湾症でケアをしていました。

 

 

 

 

ここまで爪が回復して

 

こちらに来られない事情があり

 

1年が経過。

 

先日久しぶりにご来店いただきました。

 

 

 

 

 

ガーーーーン(>_<)・・・・・

 

 

来られない理由がありましたので

 

そこは仕方のないことです。

 

 

が、このようになることを知っていただきたく

 

お写真を使わせていただきました。

 

 

 

もしこうなった場合。

 

何か事情でケアに来れない場合

 

最悪、NFPオイルだけは

 

継続して使っていただいて欲しいのです。

 

爪の根元にたっぷりと・・・

 

 

ネットでも購入できますし

 

こちらからも発送できます。

 

 

まずはご相談下さい。

 

 

一つ注意点ですが、薬局に売っているような

 

「〇〇ネイル」など

 

いかにも綺麗になりそうなお薬的なもの。

 

これは塗らない様にお願いします。

 

それをするのであれば

 

何もしない方がいいです(^’^)

 

この理由はまた後日☆

休日

対照的な今日の日の出と日の入り。

 

 

 

 

 

 

 

週末の至福の時♪

 

 

勿論ワインと共に^ ^

 

 

 

そして私の好きなのは

 

 

 

ここに爪の写真をパソコンから引っ張ってきて見ること。

 

 

 

「あ、そうか〜〜〜」

 

 

なんて思いつきがあるんですね。

 

 

 

アルコールで頭が(思考が)停止してるので

 

 

今までとは別の角度というか

 

 

ヒントというか

 

 

考えが浮かんでくるものです。

 

 

 

書き留めておかないと忘れますけど・・(^^;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

爪甲後湾症の改善方法は?

皮膚科で水虫ではないと言われ

 

ドクターに理由を聞くと

 

「冷えてるから」

 

との回答だったそうです。

 

 

 

 

冷えていたかもしれませんが

 

一番の原因は靴のサイズと履き方。

 

 

 

サイズが合っていても

 

履き方を間違えていれば

 

違うトラブルをも招きます。

 

 

 

本日でで3回目。

 

 

 

 

何度もお伝えしていますが

 

小さな変化に気が付ける方は

 

爪の伸びも早い!!

 

オイル頑張っていただいております♪

 

 

 

体もその方の心を読んでいるんでしょうね~(^’^)

 

来月も楽しみです☆

 

 

高齢の方の巻き爪

「なんで三角になるのかなぁ~~」

 

と。

 

 

 

 

何度もお伝えしてますが

 

忘れちゃうんですね(^’^)

 

 

 

「三角がみっともないから・・・」

 

と補正を希望されました。

 

 

 

 

高齢の方の場合

 

痛みがある場合にのみ

 

巻き爪補正をしています。

 

 

痛みを我慢していると

 

歩かなくなり(歩けなくなり)

 

寝たきり街道に向かうことになります。

 

 

早目早目に

 

ご家族に方が気付いて下さると嬉しいですね☆

肉芽・会員様限定ブログについて

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

 

先日より新しく『肉芽ブログ』を会員様限定で

 

アップしています。

 

それについて少しお話します。

 

 

 

何故に会員様限定かというと

 

『爪肉芽』とネットで検索していただければ

 

画像が出てくると思いますが

 

どなたが見ても「美しい」と言える画像ではないからですね(^’^)

 

実際苦手な方が多いです。

 

なぜなら肉芽が出血しているように見えるし

 

実際に出血していることもあるからです。

 

俗に言う『エグイ』写真です。

 

 

基本こういった爪は私たち施術者は施術をしてはいけません。

 

そのように学校で教わっています。

 

『医療行為』になるかどうかは別として

 

そう取られるからですね。

 

 

ですのでこういった爪の横に肉芽を形成している方は

 

「医療機関に行ってもらう」

 

これが原則です。

 

 

ただ、病院にいったら

 

どんな処置をされて

 

どんな結果になるのか?が分っていながら

 

私はどうしてもそれを伝えることができません。

 

 

病院を受診して

 

もしかしたら良い結果が得られる場合もあるかもしれませんが

 

少ないと想像します。

 

 

何故ならば、医療機関を何回も(何件も)受診して

 

でも改善しなくて

 

最悪な状態でこちらにご相談に来られる方がほとんどですから・・・

 

 

でも決まりだからダメでしょ?

 

となりますね。

 

もし私が当事者だったら?

 

私なら「一緒に治していこう」と言ってもらいたい。

 

人生変わります。

 

たった爪一本で・・・

 

わたしは何でもいいのでその方にとって少しでも+になる

 

関わりがしたい。

 

それが『仕事(私のできること)』だと思っています。

 

 

この陥入爪・巻き爪・の肉芽は

 

方法を間違えなければ完治できます。

 

 

心の欝々もなくなり

 

生活が楽しく元気になります。

 

 

この陥入爪・巻き爪の肉芽の形成は

 

爪の切り方や靴が原因と言われますが

(ちなみに医療機関ではここにも触れません)

 

その前に大切なの『皮膚の質』です。

 

これは時々ブログでも話していますが

 

恐らくこのよろしくない皮膚の質は

 

今後(現代社会)で増えていくでしょう。

 

 

 

肉芽の方の施術を

 

こちらで切ったり貼ったりするわけではありません。

 

まず現状を正しくご自身で(←これ大事!)理解していただき

 

こうなっている原因を紐解き

 

そして一緒に治していく。

 

自分で治していく。

 

 

これを理解して下さるドクターが

 

岡崎にいらっしゃるワシミ分院の元山先生です。

 

 

元山先生とお客様と私の3人でケアしていきます。

 

 

 

ですので『医療』は元山先生、そのフォローはサロンで。

 

そして日々管理、これはお客様と私。

 

これがきちんとできた時には完治します。

 

 

長くなりました(^’^)

 

ですので、肉芽の部屋をご覧いただきたい方は

 

パスワードをお伝えしますので

 

フルネーム・ご連絡先・何故興味があるのか?

 

をお伝え下さい。

 

申し訳ありませんが最近多い

 

誹謗中傷に時間を割いている暇はありません(^’^)

 

決して多くの方にむやみに回覧できるものでは

 

有りませんが、何処にも相談できずに

 

陥入爪・巻き爪の肉芽でお困りの方が

 

沢山いらっしゃると思います。

 

 

何処からでもアクセスできる時代ですので

 

お困りの方がありましたらご相談下さい。

 

 

そして医療関係の皆様

 

ご意見等ございましたらそちらまでお伺いしますので

 

ご連絡先等教えていただければ幸いです。

 

 

長谷川 千芳

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アルツハイマー病と爪

アルツハイマー病になる原因に

 

脳内のアミロイドβ(ベータ)が関与している。

 

という事が分かっています。

 

 

 

これはアルツハイマーを発症する(いわゆる行動が変化する)

 

 

 

そのなんと20年前から既に増え始めているそうです。

 

 

 

 

 

増えすぎて、あるボーダーを超えた時に症状として現れるのでしょうね。

 

 

 

 

これ、爪にも同じ事が言えます。

 

 

 

 

例えば分厚くなった爪。

 

 

 

 

 

 

 

 

この爪がいったい

 

いつからこういうことになる様に誘導されていたかというと

 

 

きっと10〜20年前からなのでしょう。

 

 

 

 

そしてそれが今、目に見えてわかる状態になっている。

 

 

 

 

 

教えてもらえないことは

 

 

体験を通して自分で学んでいくしかないんです(ーー;)

 

 

 

わたしもまだまだ学びの途中。

 

 

 

成功やら失敗やらないんです。

 

 

 

ただただ体験の積み重ねで、考えて学んでいくしかないんだなぁ〜と

 

 

 

いろんな場面でそう思う今日この頃です^_^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▲TOPへ