2016年12月の一覧

年末ジャンボ

ちょこっとですが、

購入しております^ ^

大当たりの際には、

必ず、皆様に還元いたします〜♪

お楽しみに^ ^

今年も沢山のご縁をいただきました。

皆様にお会いできたこと、

とても感謝しております。

来年もコツコツと、足(脚)の健康を

お伝えできるよう、努めてまいります。

それでは皆様、

良いお年をお迎え下さいませ^ ^

  

下肢や腰のしびれに。

 

 

「左足の下腿から、腰にかけて

 

痺れることがある。」

 

 

 

そう言われる方に、足指の伸びていない方が

 

いらっしゃいます。

 

 

とくに第四趾。

 

 

IMG_4226

 

 

 

まずCSソックスを履いていただき、

 

足指を伸ばすことを提案。

 

 

そして、指を伸ばした後は、

 

指が動くような靴選びが必要です。

 

(勿論、靴の履き方も。)

 

 

今日は、お持ちのシューズの

 

靴紐だけを交換。

 

 

すると、

 

「全然違う!痛くない!

 

魔法にかかったようだ!!」

 

と、おっしゃっていただき・・・・・

 

その場を、ピョンピョンとジャンプされてました(^-^;

 

 

実際、靴下や靴ひもはとても素晴らしいものです。

 

でもわたしは、

 

「それを感じることができる」

 

ということが、素晴らしい事だと思います。

 

 

それは、その方の『健やか』が

 

大きく左右されるから。

 

 

おそらく、元日の朝から、

 

名城公園をウォーキングされることでしょう(^^♪

 

 

 

sport_walking_oldman

 

 

 

 

 

 

 

 

食事と角質

 

「以前より20キロ太ってしまって、

最近膝が痛くなっきた」

 

というお話を、

3ヵ月前、お客様がおっしゃっていました。

 

その頃、糖質制限をしていましたので、

そんな話もふまえながらの足のケア。

 

 

そして昨日、ご来店されまして・・・

 

雰囲気が変わったのかな~と思いきや、

あれから、糖質制限をしているとのこと。

 

あまりガチガチにせず、

ストレスにならないようにしているようです。

 

あれから3ヵ月ですから、

相当角質もあるだろうと、想像していたのですが・・・

 

驚いたことに、

足の角質が減っているんです。

 

時期的なものもありますが、

足の裏にあった皮剥けも、

すっかり綺麗になくなっていました^^

 

 

すぐに結果がでるものではないです。

 

 

毎日の積み重ねが、大きな成果を生むのだな~と。

食事の大切さを、改めて実感しました。

 

 

food_eiyou1_toushitsu

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

降圧剤と認知症

 

昨日、立ち飲み屋さんで隣にいた男性。

 

50代で、「血圧のお薬を飲んでいる」

 

という話から、最近私が思うこと。

 

 

この降圧剤、認知症と関連あるのでは?

 

と。

 

 

血圧は必要だから上がっているのに、

 

それを、ただ数字だけを見て

 

数字だけを下げる・・・・

 

 

血圧を下げれば、

 

脳に行く血流も下がるのではないかと思うのです。

 

 

脳って、目には見えませんが

 

毎日フル稼働してます。

 

それだけエネルギーが必要なのに、

 

血流を下げると、

 

エネルギー十分行き届かないんじゃないの?って。

 

 

直ぐにお薬を始めるのではなく、

 

その結果を、まず一旦お家へ持ち帰り、

 

自分の生活や食事、書き出してみましょう。

 

生活を見直し、改善してからでも遅くはないと思います。

 

 

ちなみに、この50代の男性には、

 

コンビニのコロッケとフランクフルトを

 

止めてみるようお伝えしました(*^^)v

 

 

sick_ninchisyou_noukekkan

陥入爪予備軍

 

 

こちら、ちょっとわかりにくいのですが、

 

陥入爪です。

 

IMG_4181

 

 

 

ご本人は気にされていませんが、

 

深爪でなくても

 

痛みが出てくることがあります。

 

 

爪の端が広範囲に、

 

剥離(爪と皮膚が離れる状態)しています。

 

不安定な爪は、皮膚を傷つけます。

 

そして「知らないうちに・・・・」と、なります。

 

 

今、気にならないのは、もう片方の親指が

こちらよりも、酷い事になっているからです(^-^;

 

痛々しくて画像はアップできません(>_<)

 

 

 

こちらの女性の一番の原因は、靴でしょう。

 

足のサイズ(実寸=何も履かない状態)が、25.7㎝。

 

履いている靴が25.0㎝

 

 

 

自分の足より、小さい靴を選ばれる女性は

 

少なくないと思います。

 

 

まず、ご自身の足や爪を見てみましょう!

 

 

何かトラブルがあれば、

 

少しでも環境を変えてみましょう。

 

良い、悪いは別にして、

 

今、ご自身の足爪がどうなのか

 

知ることが大切です^^

 

 

IMG_4455-1.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

子供のアレルギー

 

 

「頭皮が子宮に直結している」

 

という話は、今では当たり前のように

 

言われています。

 

 

そういえば、

 

昭和初期の妊婦さん、

 

おしゃれ染なんてしてなかったよな~

 

と。

 

 

毛染めのお薬って、必ずパッチテストというものを

していました。

(なんちゃって美容師(^-^;)

 

それだアレルギーのでる危険があるということ。

 

 

そんなお薬で毛穴を塞ぐわけですから、

 

単純に考えれば、

 

そういった化学薬品が

 

そのまま子宮へすぅ~~~~っと・・・・

 

か、どうかはわかりませんが、

 

そんなことも要因の一つかなと。

 

 

ヘナをしながら考えた1日でした。

 

 

 

shiraga_zome

 

 

 

 

皮膚を削るということ。

 

この場所に、

魚の目やタコのできる女性は多いです。

 

 

IMG_9289

 

 

気になると触りたくなり、

 

まずはご自身で削っています。

 

(わたしもそうでした(^-^;)

 

 

 

足の環境が変わらないのであれば

 

積極的に削ることはおススメしません。

 

皮膚が傷ついてしまいます。

 

 

そして削られた部分が

 

また靴下や靴の摩擦で傷つきます。

 

 

 

CSソックス+CSシューズを履き始めて

ちょうど一年のお客様。

 

一度も削っていない足裏にあったタコが、

いつの間にかなくなっていました。

 

ご本人も、

「そういえば・・・・・」と。

 

 

 

皮膚をキレイに保つ秘訣です☆

 

 

 

『芳 足・脚屋さん』

 

巻き爪補正士でも

 

フットセラピストでもなく、

 

わたしは介護士です。

 

 

介護士は、介護をすることだけがお仕事ではなく、

 

「介護を必要とする人を、

1人でも少なくする」

 

ということもお仕事の一つです。

 

 

どんなに足の指が開いていようが

 

外反母趾でなかろうが、

 

『足・脚』の筋力がなければ

 

立つことはできません。

 

 

そうなってから気が付いても

 

遅くはないのですが、

 

それは、よほど心が強い方。

 

 

これはわたしが30代の時に

 

足を骨折をして感じた事。

 

 

先日お知り合いのお見舞いに行き、

 

再認識した筋トレの大切さでした(^-^;

 

 

 

IMG_4455-1.jpg

 

 

 

足から元気!

 

深爪から起こる陥入爪(かんにゅうそう)。

 

足に汗をかき、それが蒸れとなり

足を冷やすということは

あまり知られていないようです。

 

 

IMG_3237

 

足が冷えると、傷もなかなか改善しません。

 

麺100%の靴下(CSソックス)に変えていただき、

(靴のサイズも見直しました)

オイルケアと爪の切り方で、痛みがなくなった息子様。

 

 

IMG_3469

 

サッカーをされているのですが、

捻挫など、足のケガが

最近なくなったとのこと。

 

お母様がご報告して下さいました^^

 

CSソックス、履き続けていただいているようです。

 

嬉しい限りです(^^♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

巻き爪補正料金

ぺディクラスの巻き爪補正は、

 

巻いている爪の角度によって料金が決まり

 

全国統一料金です。

 

 

(爪の状態によって、

一部爪のお掃除料金の

異なるサロン有)

 

 

 

1

 

 

両方から補正器具を付けるとよく引きあがるのですが、

 

金額が違ってきますので、

 

お客様とご相談の上、施術方法を決定し

 

料金をご説明してから施術に入ります。

 

 

そして今日は一つの補正器具で

ムリクリ?両方引き上げてみました(^-^;

 

 

 

3

 

 

実は、巻き爪補正のスタートは

ここからなのですね。

 

正しい足の環境を整え

足指を使っていただくこと。

 

来月の変化を

楽しみにしております☆

 

 

 

 

 

 

 

1 / 3123

▲TOPへ