足・爪のこと

転倒防止には

 

手の指と足の指の数は一緒です。

 

手の指を自由に操れるように、

本来足の指も訓練次第で手の様に使えるのではないかと思います。

 

狭い空間に何十年・・・

使わない機能は衰える。

使わない機能は退化する。

自然な事です。

 

IMG_7225

 

これが手だったら・・・

この指で逆立ちができますか?

高齢になればこの状態で立って(もしくは歩いて)いるんですね。

非常に多いです。(9割以上)

転倒するのも納得がいきます。

アスリート

 

巻き爪や陥入爪の学生さんが来店される理由に

運動をしているときの爪先の痛み。

上達すればするほど、そういう痛みや違和感に敏感になるのだと思います。

 

野球のピッチャーがネイルサロンに通う訳。

それはほんの少しの爪先の感覚で、投球に変化があるのだろうと想像します。

 

バレエやスケートなどは足の爪先がとても重要であり トラブルも多いのが現状です。

あの狭い空間に足を押し込めて、それプラス爪先で立つなんて・・・

と痛みはわかりませんが想像はできます。

(私は痛みを我慢してまでヒールを履かないですし)

 

何でも体験しないと済まない性格。

今日は空き時間に大須にあるスケートリンクに行ってみようと思います。

シューズを履いてどこまでできるかわかりませんが、

「百聞は一見にしかず」

です(^^)                          pyoko03_iceskate

 

角質ケア

サンダルの季節ですね♬

asagao

「今日は歩く!」という時には、私は履きません。

(実際には履けません・・・)

 

一度快適な環境に自分を置いてしまうと、

合わない履物での長時間の歩行が苦痛になります。

 

でも「いざ!」という時の為に足元を整えておきましょう☆

 

夏はそんな方々が増えてきますね。

 

IMG_0183IMG_0190

 

 

 

ノンストレス!

 

こちらのCSシューズ

 

 

IMG_0473

 

叔母さんに作ったものと同じモデルです。

私の小指の爪もこれで綺麗に生えてくる予感!

どんな靴を履いても痛いという方、まずはこちらをお試しあれ(^^)

 

コンフォートサポートシューズ

 

叔母さんの靴を作成して約一ヶ月。

外反母趾の出っ張りも靴に当たることなく、

靴下も順調。

しっかりウォーキングできているようです(^^)

そしてスクワットはボチボチとのこと。

 

IMG_0165

 

市販の靴は種類も沢山あります。

サイズもメーカーによって様々です。

同じメーカーでも、モデルにや素材によってサイズは違ってきます。

 

ご自身の足のサイズ(大きさ)把握していますか?

カウンセリングの必要性

 

人と比べることのできない足や足の爪。

顏ならば普段から見えている部分ですので、

例えば誰々より大きいとか、色が白いとか、鼻が高いや目が大きいなど。

平均だったり、普通は・・・なんてことも言えるかもしれません。

 

しかし足はそうではありません。

普段見ない(見ない)ところですので、

ご自身にとっては当たり前と思っていることが、

実はそうでなかったりもします。

 

「私、すごい外反母趾なんです!」

と言われる方でも、私たちからすれば

外反母趾にはあたらない、外反ポチ程度だったりもします。

 

巻き爪も同様。

補正は早ければ早いほど良いかもしれませんが、

遅すぎることもありません。

 

まずはご自身の足の環境がどの程度なのか、

把握することは必要だと思います。

 

なぜならそれが自己ケアにつながるからです。

 

mark_footprint

 

 

 

巻き爪原因その②

 

夏になると素足にサンダルを履きます。

足の爪も、ジェルネイルなどする人が多くなりますね。

そんな私もその一人。

 

このジェルネイルも長くすることによって、

巻き爪を誘発してしまう可能性あがあります。

 

ジェルネイルをすると、伸ばしっぱなしになります。

長くなりすぎた爪の先が丸くなれば、根元も引っ張られ巻いていきます。

ご自身で削るなどしてケアをすればよいですが、

結構「やったらやりっぱなし」というのが多いようです。

 

そしてもう一つ、

ジェルを固める時に収縮するという話。

これは定かではないですが、そう聞いたことがあるます。

 

おしゃれは大賛成!

でもお家でのメンテナンスも忘れずに(^^)

 

25713458

 

 

巻き爪自己ケア

 

様々な原因から起こる巻き爪や陥入爪。

痛い箇所を何となく切っていくと悪化します。

 

巻き爪補正は器具を装着することだけではないと

私は思います。

そういう施術を受けられない地域や人もいます。

なんといっても自己ケア。

 

こちらの方は、お家での靴下、ストッキングをやめ、

天然のキューティクルオイルで自己メンテナンス中です。

 

IMG_0382

 

爪のお掃除をし、周りの硬くなった皮膚を少し削りながら柔らかくします。

硬いものに押されるか、柔らかいものに押されるのか。

たったこれだけのことですが、変化はあります。

 

いつまでも地に足を着けて歩くために・・・

 

 

巻き爪の痛みが出る前に・・・

 

巻き爪の方に多い指の形です。

 

IMG_0320

 

本来は指を着き、地を蹴り出して歩いているのですが、

痛みがあるといつの間にか痛みをかばって指も着かなくなります。

人間(動物もそうですが)使わなければ退化します。

 

これ、ご自身が気づいてないということがとても多いです。

 

急に巻き爪にはなりません。

お金や痛みが伴う前にまずはセルフケアで予防しましょう!

 

セルフチェックもお忘れなく!

 

巻き爪

 

靴を可愛がる

 

足のも癖があります。

左右も対象ではありません。

心臓が一つ、あんな場所にあること自体が、体は左右対称ではないと思えてしまいます。

 

一日靴を履いていれば、その方の足の癖もつくわけで、

綺麗なお肌を保とうと思ったら、夜洗顔して、化粧水ペタペタするように、

靴もその日のうちにメンテナンスしましょう。

 

IMG_0071

 

向かって左は一日履いた靴。

右は昨夜からシューキーパーを入れて、靴の形をニュートラルにしています。

茶色の靴の左足、

ベロという部分が、左に流れていますね。

左の足が外側に回転してるということです。

そんな私は内反小趾(小指が回転しております)

 

そんな足癖を、毎日シューキーパーを入れることによってメンテナンスし、

自分の体を守ってくれる靴を長持ちさせましょうね(^^♪

 

shoes_sneaker

 

 

 

 

 

▲TOPへ